●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



W-pII.348.1:1 ~ W-pII.350.2:2


 Lesson 348


I have no cause for anger or for fear,

For You surround me. And in every need

That I perceive, Your grace suffices me.

  • cause [kɔ́ːz] : 「原因、理由」
  • anger [ǽŋɡər] : 「怒り、憤り」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖」
  • surround [səráund] : 「包囲する、囲む」
  • need [níːd] : 「必要、要求」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く」
  • grace [gréis] : 「優雅、神の恩寵、神の愛」
  • suffice [səfáis] : 「〜に足りる、〜を満足させる」

❖ "I have no ~ "「私には怒る理由も恐れる理由もありません」。"For You ~ "「なぜなら、あなたが私を包み込んでいるからです」。"And in every ~ "「私が何かを必要と感じるたびに、私はあなたの恩寵で満たされます」。


1. Father, let me remember You are here, and I am not alone. Surrounding me is everlasting Love. 

  • remember [rimémbər] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
  • alone [əlóun] : 「独りで、孤立して、独力で」
  • everlasting [èvərlǽstiŋ] : 「永遠の、永遠に続く」

❖ "Father, let ~ "「父なる神よ、あなたがここにいることを、そして、私は一人っきりでないことを思い出させてください」。"Surrounding me ~ "「私を包み込んでいるものは永遠に続く愛です」。神の愛は無時間無空間の実相的愛であり、永遠に私を包み込んでいます。


I have no cause for anything except the perfect peace and joy I share with You. 

  • except [iksépt] : 「ただし、除いて」
  • share [ʃέər] : 「分かち合う、共有する」

❖ "I have no ~ "「私があなたと分かち合う完全な平和と喜び以外に、いかなる理由も持ち合わせてはいません」。私の存在理由は、あなたと共にいて平和と喜びを分かち合うことだけです。


What need have I for anger or for fear? Surrounding me is perfect safety. 

  • safety [séifti] : 「安全、無事」

❖ "What need ~ "「怒りや恐れの必要があるでしょうか」。怒りや恐れが私の存在理由になることはありません。それは幻想に過ぎないからです。"Surrounding me ~ "「私は完璧な安全性に囲まれています」。あなたと共にいることは、完全に安全なことです。


Can I be afraid, when Your eternal promise goes with me? Surrounding me is perfect sinlessness. 

  • afraid [əfréid] : 「恐れて、怖がって」
  • eternal [itə́ːrnl] : 「永遠の、不変の」
  • go with : 「〜とともに進む、〜と一緒に行く」
  • sinlessness [sínlisnis] : 「罪のないこと、無辜」

❖ "Can I be ~ "「あなたの永遠の約束とともに歩んでいるというのに、私に何を恐れる必要があるでしょうか」。"Surrounding me ~ "「私は完全な静寂に包まれています」。心は怒りや恐れに波立つことなく、私は平和と喜びの静寂に包み込まれています。


What can I fear, when You created me in holiness as perfect as Your Own?

  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
  • holiness [hóulinis] : 「神聖、神聖さ」

❖ "What can I ~ "「あなた自身と同じくらいに神聖なものとして私を創造してくれたというのに、私は何を恐れる必要があるでしょう」。完璧な神聖さは決して破壊されるものではなく、だから、私は何も恐れません。幻想に過ぎない恐れに支配される必要など一切ありません。


2. God's grace suffices us in everything that He would have us do. And only that we choose to be our will as well as His.

  • grace [gréis] : 「優雅、神の恩寵、神の愛」
  • suffice [səfáis] : 「〜に足りる、〜を満足させる」

❖ "God's grace ~ "「神が私達にさせようとするすべてにおいて、神の恵みが私達を満たしてくれる」。神の意志に従うことで、神の子は完全に満足できる。なぜなら、神の意志と神の子の意志は同一だから。"And only that ~ "「神の意志と私達の意志が同じであることだけを、私達は選択する」。それ以外は、実相的に見れば偽りだからだ。




Lesson 349


Today I let Christ's vision look upon

All things for me and judge them not, but give

Each one a miracle of love instead.

  • vision [víʒən] : 「先見の明、視覚」
  • judge [dʒʌ́dʒ] : 「判断する、〜だと思う」
  • instead [instéd] : 「代わりに、そうしないで」

❖ "Today I let ~ "「今日、私は、すべての事柄を私のためにキリストのヴィジョンで見てもらい、判断はせず、代わりに愛の奇跡をその一つ一つに与えよう」。幻想に惑わされることなく実相的なヴィジョンに立って物事を見、頭脳による理性的判断は放棄して、その代わりに、目にする一つ一つに愛の奇跡を期待しよう。


1. So would I liberate all things I see, and give to them the freedom that I seek. 

  • liberate [líbərèit] : 「解放する、自由化する」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放」
  • seek [síːk] : 「探し求める、捜し出す」

❖ "So would ~ "「目にするすべてのものを解放し、それらに、私が探し求める自由を与えたいと思います」。幻想からの解放という奇跡を与えたいと思います。


For thus do I obey the law of love, and give what I would find and make my own. 

  • obey [oubéi] : 「〜に従う、〜の言うことに従う」
  • law [lɔ́ː] : 「法、法律」
  • find [fáind] : 「見つける、探し出す」

❖ "For thus do ~ "「なぜなら、こうして私は愛の法則に従い、私が見出して自分自身のものにしたいと思うものを与えるからです」。幻想からの解放という奇跡を探し求め、自分のものとすることで、他の同胞にもその奇跡を与えることが出来るようになり、真実を分かち合うという実相的な法則、愛の法則に従って私達は生きていきます。


It will be given me, because I have chosen it as the gift I want to give. 

  • given [ɡívən] : 「giveの過去分詞形」
  • chosen [tʃóuzn] : 「chooseの過去分詞形」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」

❖ "It will be ~ "「それは私に与えられるでしょう」。"because I ~ "「私が与えたい贈り物として、それを選んだからです」。幻想からの解放を同胞に、あるいは世界に与えたいと望んだので、その選択が真実である以上、きっと与えられるはずです。


Father, Your gifts are mine. Each one that I accept gives me a miracle to give. 

  • mine [máin] : 「私のもの」
  • accept [æksépt]: 「受け入れる、承認する」

❖ "Father, Your ~ "「父なる神よ、あなたからの贈り物は私のものです」。"Each one ~ "「私が受け入れた贈り物の一つ一つが、私に与えるという奇跡を与えます」。私は神の贈り物を受け入れ、今度はそれを同胞に与えます。解放という真実をみんなで分かち合います。


And giving as I would receive, I learn Your healing miracles belong to me.

  • receive [risíːv] : 「受け取る、聞く」
  • healing [híːliŋ] : 「癒しの、治療の」
  • belong [bilɔ́ːŋ] to : 「〜に属する、〜の所有である」

❖ "And giving ~ "「受け取ると同時に与えることで、私はあなたのヒーリングの奇跡が私に属しているのだと学びます」。実相的に与えることと得ることは同じです。幻想からの解放という奇跡を同胞と分かち合うことで、みんなが同時に癒やされていきます。これが実相的なヒーリングなのですね。


2. Our Father knows our needs. He gives us grace to meet them all. 

  • need [níːd] : 「必要、必要性」
  • grace [gréis] : 「優雅、神の恩寵、神の愛」
  • meet [míːt] : 「合う、満足させる、かなえる」

❖ "Our Father ~ "「私達の父なる神は、私達が何を必要としているか知っている」。"He gives ~ "「そのすべてを叶えるために、神は私達に恩恵を与えてくれる」。私達が真実を必要としている限り、神は心を込めてその真実を与えてくれる。


And so we trust in Him to send us miracles to bless the world, and heal our minds as we return to Him.

  • trust [trʌ́st] in : 「〜を信頼する、〜を信用する」
  • send [sénd] : 「送る」
  • bless [blés] : 「〜を祝福する、清める」
  • return [ritə́ːrn] : 「戻る、帰る、返還する」

❖ "And so we ~ "「だから、世界を祝福するために神が私達に奇跡を送り届け、私達が神の下(もと)へ帰還するとき、私達の心をヒーリングしてくれることを信じて疑わない」。




Lesson 350


Miracles mirror God's eternal Love.

To offer them is to remember Him,

And through His memory to save the world.

  • mirror [mírər] : 「〜を映す、〜を正確に映し出す」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる」
  • eternal [itə́ːrnl] : 「永遠の、不変の」

❖ "Miracles mirror ~ "「奇跡は神の愛を映す」。"To offer ~ "「奇跡を差し出すことは神を思い出すことであり、神を思い出すことで、世界を救うことだ」。奇跡は幻想世界の出来事であり、その幻想から目覚めることだ。自分も世界も目覚めを分かち合って幻想を消滅させる。ひとたび幻想から目覚めれば、自分が神の子であることを思い出し、同時に神を思い出す。神への回帰の旅が始まる。


1. What we forgive becomes a part of us, as we perceive ourselves. 

  • forgive [fərɡív] : 「許す、容赦する」
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く」

❖ "What we ~ "「私達が赦すものが私達の一部となり、自分自身をそのように知覚します」。幻想の一つを幻想だと認識して赦せば、その幻想は消滅し、実相的な真実の姿が現れて、自分の一部として知覚されるのです。


The Son of God incorporates all things within himself as You created him. Your memory depends on his forgiveness.

  • incorporate [inkɔ́ːrpərèit] : 「〜を組み込む」
  • depend [dipénd] on : 「〜によって決まる、〜次第である」
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し」

❖ "The Son of ~ "「神の子は、あなたが神の子を創造したままに、すべてを神の子の内に組み込みます」。神は真実だけをもって神の子を創造したので、神の子は真実のすべてを取り込んでいます。"Your memory ~ "「あなたの記憶は赦しに依存しています」。幻想を認識して赦せば幻想は消滅し、本来の真実の姿が復活します。そのとき、夢から目覚めて真実を思い出し、神を思い出します。赦すか赦さないか、それによって実相を思い出すか思い出さないかが決まります。


What he is, is unaffected by his thoughts. But what he looks upon is their direct result. 

  • unaffected [ʌnəféktid] : 「影響を受けない」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考」
  • look upon : 「~を見る」
  • direct [dirékt] : 「直接の、直々の」
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末」

❖ "What he is ~ "「神の子が何であるか、それは神の子の考えによって影響されるものではありません」。神の子であることは神によって創造された時点で決定されているからです。"But what he ~ "「しかし、神の子が何を見るかは、神の子の考えの直接的な結果です」。幻想を現実だと思い込ませる知覚は、自分の思いや考えをスクリーンに映し出して私達に見せます。神の子の考えや思いが知覚を生み出します。


Therefore, my Father, I would turn to You. Only Your memory will set me free. 

  • therefore [ðέərfɔ̀ːr] : 「それ故に、従って」
  • turn to : 「~に頼る、~の方を向く」
  • set ~ free : 「~を解放する、自由にする」

❖ "Therefore, ~ "「だから私は、私の父なる神よ、あなたの方に向き直ります」。真実を見せてくれる神のビジョンに目を向け、それを信じます。"Only Your ~ "「あなたの思い出が私を解放してくれるでしょう」。赦しによって幻想が消滅した後、神のビジョンによって真実が見えてくれば、神を思い出し、自分が神の子であることも思い出せるでしょう。


And only my forgiveness teaches me to let Your memory return to me, and give it to the world in thankfulness.

  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し」
  • return [ritə́ːrn] : 「戻る、帰る」
  • thankfulness [θǽŋkfəlnis] : 「感謝」

❖ "And only my ~ "「したがって、あなたの思い出が私の下(もと)へ戻って来るようにしてもらい、それを感謝を込めて世界に与えるようにと、私の赦しこそが私に教えてくれるのです」。


2. And as we gather miracles from Him, we will indeed be grateful. 

  • gather [ɡǽðər] : 「集める」
  • indeed [indíːd] : 「実に、本当に」
  • grateful [ɡréitfəl] : 「感謝する、感謝している」

❖ "And as we ~ "「私達が神からの奇跡を集めるとき、私達は本当に感謝の気持ちでいっぱいになる」。同胞達と共に赦しを通して幻想から目覚めるとき、神の愛を感じて感謝でいっぱいになる。


For as we remember Him, His Son will be restored to us in the reality of Love.

  • restore [ristɔ́ːr] : 「回復させる、修復する」
  • reality [riǽləti] : 「現実性、実在」

❖ "For as we ~ "「なぜなら、私達が神を思い出すとき、神の子は、愛が現実化した形で、私達に修復されて戻るからだ」。私達が幻想から目覚めて神を思い出すとき、私達は神の子として復活し神の愛に満たされるからだ。







W-pII.345.1:1 b ~ W-pII.347.2:2

 

Lesson 345


I offer only miracles today,

For I would have them be returned to me.

  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる」
  • miracle [mírəkl] : 「奇跡」
  • return [ritə́ːrn] : 「〜を返す、戻す」

❖ "I offer only ~ "「今日は奇跡だけを差し出そう」。"For I would ~ "「なぜなら、奇跡を私に返してもらいたいからだ」。実相的に与えることと得ることは同じ。奇跡を同胞に与えれば、同胞は奇跡をこちらに返てくれる。奇跡を実相的に分かち合うのである。


1. Father, a miracle reflects Your gifts to me, Your Son. 

  • reflect [riflékt] : 「〜を映す、示す、反映する」

❖ "Father, a miracle ~ "「父なる神よ、奇跡はあなたの子である私への贈り物を反映しています」。あなたは神の子である私に奇跡を贈り物として与えてくれます。


And every one I give returns to me, reminding me the law of love is universal. 

  • return [ritə́ːrn] : 「戻る、帰る、返還する」
  • remind [rimáind] : 「〜に思い出させる」
  • law [lɔ́ː] : 「法、法律」
  • universal [jùːnəvə́ːrsl] : 「全宇宙の、普遍的な」

❖ "And every ~ "「そして、私が与えるものは一つ一つ私に返されます」。"reminding me ~ "「それは私に、愛の法則は普遍的であることを思い出させてくれます」。実相世界ではもちろん、この幻想世界にあっても、愛の法則は、その愛が真実である限り、正しく成立します。愛は奪うものではなく、また与えるだけのものでもなく、分かち合われるものなのです。


Even here, it takes a form which can be recognized and seen to work. 

  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、現れ、姿」
  • recognize [rékəɡnàiz] : 「〜を認識する、受け入れる」

❖ "Even here ~ "「ここでさえも、愛は、認識され機能しているのが見てわかる形をとっています」。この世界にあっても、愛は単なる概念にとどまることなく、感じられ、認識され、あるいは目に見える形でとらえることが出来ます。


The miracles I give are given back in just the form I need to help me with the problems I perceive. 

  • give back : 「返す」
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、姿」
  • problem [prάbləm] : 「問題、困難な状況」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く」

❖ "The miracles ~ "「私が与える奇跡は、私が感じる問題を解決するのに必要な助けとして丁度いい形で返してもらえます」。奇跡は真実なので、与えることと得ることは同一です。返された奇跡によって問題の解決につなげることが出来ます。


Father, in Heaven it is different, for there, there are no needs. 

  • different [dífərənt] : 「違っている、異なる」
  • need [níːd] : 「必要、必要性」

❖ "Father, in Heaven ~ "「父なる神よ、天の王国では、それは違います」。"for there ~ "「なぜなら、天の王国では何の必要もないからです」。天の王国では奇跡は必要ありません。奇跡を与えたり得たりする必要ないのです。奇跡はこの幻想世界だけに必要なものです。


But here on earth, the miracle is closer to Your gifts than any other gift that I can give. 

  • close [klóus] : 「近い、接近した」

❖ "But here ~ "「でも、この地上にあっては、奇跡は私が与えることが出来る他の奇跡よりもあなたの贈り物に近いです」。私が与える奇跡はこの幻想世界における贈り物ですが、それが真実である限り、神の与えてくれる贈り物にかなり近いです。実相に目覚める奇跡なのです。


Then let me give this gift alone today, which, born of true forgiveness, lights the way that I must travel to remember You.

  • alone [əlóun] : 「もっぱら、〜だけに」
  • be born of : 「〜から生まれる」
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し」
  • light [láit] : 「〜を明るくする、〜を照らす」

❖ "Then let me ~ "「そこで今日、この奇跡だけを与えることにしよう」。"which, born ~ "「それは本当の赦しから生まれ、あなたを思い出すために私が旅をしなくてはならない道を照らしてくれます」。幻想を赦すことで幻想は消滅し、実相が目の前に広がってくる奇跡が生まれます。神が私の父であることを思い出し、神への回帰の道を歩み出します。奇跡はその道を照らしてくれます。


2. Peace to all seeking hearts today. The light has come to offer miracles to bless the tired world. 

  • seek [síːk] : 「探し求める、捜し出す」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる」
  • bless [blés] : 「〜を祝福する、清める」
  • tired [táiərd] : 「疲れた」

❖ "Peace to~ "「今日、探し求める心すべてに平和が訪れますように」。"The light ~ "「疲れ果てた世界を祝福するために、光が奇跡を差しのべようとやって来る」。疲れ果てた世界は幻想であり、実相の光はそれを払いのけてくれる。闇に光が差し込んで来る。


It will find rest today, for we will offer what we have received.

  • find [fáind] : 「発見する、見いだす」
  • rest [rést] : 「休息、安らぎ」
  • receive [risíːv] : 「受け取る」

❖ "It will find ~ "「今日、世界は安らぎを見出す」。"for we will ~ "「なぜなら、私達は私達が受け取ったものを差し出すから」。私達は奇跡を受け取り、それを世界に差し出す。奇跡をこの世界で分かち合うことで、世界を幻想から救い出す。



Lesson 346


Today the peace of God envelops me,

And I forget all things except His Love.

  • envelop [énvəlòup] : 「〜を包む、くるむ」
  • forget [fərɡét] : 「〜を忘れる、〜を思い出せない」
  • except [iksépt] : 「ただし、除いて」

❖ "Today the ~ "「今日、神の平和が私を包み込み、神の愛以外は何もかも忘れてしまう」。神の愛の下(もと)、実相の真実だけに包み込まれて、心は限りなく平和だ。


1. Father, I wake today with miracles correcting my perception of all things. 

  • wake [wéik] : 「目が覚める、眼を覚ます」
  • correct [kərékt] : 「〜を訂正する、修正する」
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、認知、知見」

❖ "Father, I ~ "「父なる神よ、すべての物事に対する私の知覚を修正する奇跡とともに、私は今日目覚めます」。


And so begins the day I share with You as I will share eternity, for time has stepped aside today. 

  • share [ʃέər] : 「分かち合う、共有する」
  • eternity [itə́ːrnəti] : 「永遠、無限」
  • step aside : 「脇に寄る、脇へ退く」

❖ "And so begins ~ "「そして、永遠を分かち合うように、あなたと分かち合う今日が始まります」。神と分かち合う今日という一日は、永遠を分かち合うに等しいものです。"for time has ~ "「なぜなら、今日、時間は傍らに退いてしまうからです」。幻想に過ぎない時間は陰をひそめてしまいます。


I do not seek the things of time, and so I will not look upon them. 

  • seek [síːk] : 「探し求める、捜し出す」
  • look upon : 「〜を見る」

❖ "I do not ~ "「時間に関わるものを探したりしませんし、目も向けません」。


What I seek today transcends all laws of time and things perceived in time. 

  • transcend [trænsénd] : 「超える、〜を超越する」
  • law [lɔ́ː] : 「法、法律、法規、法令」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く」

❖ "What I seek ~ "「今日、私が探し求めるものは、時間の法則と時間の中で知覚されるものすべてを超越しています」。時間という幻想に束縛されたものをすべて超越し、実在する実相を探し求めます。


I would forget all things except Your Love. I would abide in You, and know no laws except Your law of love. 

  • forget [fərɡét] : 「〜を忘れる」
  • except [iksépt] : 「ただし、除いて」
  • abide [əbáid] : 「とどまる、居住する」

❖ "I would forget ~ "「あなたの愛以外のものはすべて忘れようと思います」。"I would ~ "「私はあなたの中にとどまり、あなたの愛の法以外は何も知ることはないでしょう」。神の愛の法、実相的真実以外のものは、すべて私が知りたいと思うものではありません。


And I would find the peace which You created for Your Son, forgetting all the foolish toys I made as I behold Your glory and my own.

  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
  • foolish [fúːliʃ] : 「愚かな、分別のない」
  • behold [bihóuld] : 「見守る、注視する」
  • glory [ɡlɔ́ːri] : 「栄光、荘厳、誇り」

❖ "And I would ~ "「そして、あなたの子のためにあなたが創造した平和を私は見つけたいと思います」。"forgetting all ~ "「あなたの栄光と私自身の栄光を見ながら、私がでっち上げた愚かなおもちゃのすべてを忘れてしまいます」。幻想に過ぎないこの世のすべてはおもちゃに過ぎません。そんなでっち上げのおもちゃをすべて忘れて、神と神の子の栄光を見つめていきます。


2. And when the evening comes today, we will remember nothing but the peace of God. 

  • evening [íːvniŋ] : 「晩」
  • remember [rimémbər] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」

❖ "And when ~ "「そして今日、夕暮れになる頃には、神の平和だけを思い出すだろう」。その他の夢は消え去っているに違いない。


For we will learn today what peace is ours, when we forget all things except God's Love.

  • learn [lə́ːrn] : 「学ぶ、知る、分かる」

❖ "For we will ~ "「なぜなら、私達が神の愛以外のすべてを忘れるとき、私達は平和が私達のものであることを学ぶのだから」。神の平和は、神の子が創造されたときに神から継承した宝物だ。



Lesson 347


Anger must come from judgment. Judgment is

The weapon I would use against myself,

To keep the miracle away from me.

  • anger [ǽŋɡər] : 「怒り、憤り」
  • judgment [dʒʌ́dʒmənt] : 「判断、判断力、分別」
  • weapon [wépn] : 「武器、兵器、凶器」
  • away from : 「〜から離れて」

❖ "Anger must ~ "「怒りは判断から必ず生まれる」。頭脳による理性的分別が判断を下し、それによって怒りが生み出される。"Judgment is ~ "「判断は、奇跡を私から遠ざけておくために自分自身に反して使おうとする武器だ」。本当の自分自身を理性的判断で打ち消し、自らの意志を殺すことで幻想から目覚める奇跡を遠ざけてしまう。


1. Father, I want what goes against my will, and do not want what is my will to have. Straighten my mind, my Father. 

  • go against : 「逆らう、従わない」
  • will [wíl] : 「意志、意欲」
  • straighten [stréitn] : 「〜をまっすぐにする、〜を整える」

❖ "Father, I ~ "「父なる神よ、私は私の意志に反することを望み、私の意志が持ちたいと願うことを望んではいません」。"Straighten my ~ "「私の父なる神よ、私の心を正してください」。"It is sick."「それは病気です」。


But You have offered freedom, and I choose to claim Your gift today. And so I give all judgment to the One You gave to me to judge for me. 

  • sick [sík] : 「病気の、病んだ」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • claim [kléim] : 「主張する、要求する」

❖ "But You have ~ "「でも、あなたは自由を差し出してくれたので、今日私は、あなたの贈り物を自分のものだと主張することを選びます」。"And so I give ~ "「だから、私はすべての判断を、私に代わって判断するためにあなたが私に遣わしてくれた人に委ねます」。実相的判断を私の代わりに下してくれるホーリー・スピリットにすべて委ねます。あなたが神の子のために遣わしてくれたホーリー・スピリットに私の判断をお願いします。


He sees what I behold, and yet He knows the truth. He looks on pain, and yet He understands it is not real, and in His understanding it is healed. 

  • behold [bihóuld] : 「見守る、注視する」
  • pain [péin] : 「痛み、苦痛」
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、分かる」
  • real [ríəl] : 「実在する、現実の」
  • heal [híːl] : 「癒やす、救う、治す」

❖ "He sees ~ "「その人は私が目にしたものを見ますが、真実を知っています」。ホーリー・スピリットは自分と同じものを目にしますが、見方は全く違います。"He looks on ~ "「ホーリー・スピリットは痛みに目を向けますが、それが現実でないことを理解していますし、ホーリー・スピリットがそう理解することで痛みはヒーリングされます」。ホーリー・スピリットは痛みが幻想に過ぎないことを知っていて、私達を苦と痛みの悪夢から目覚めさせてくれます。実相的なヒーリングです。


He gives the miracles my dreams would hide from my awareness. Let Him judge today. 

  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する」
  • awareness [əwéərnəs] : 「認識、自覚」
  • judge [dʒʌ́dʒ] : 「判断する」

❖ "He gives ~ "「ホーリー・スピリットは、私の夢が、認識することから隠している奇跡を私に与えてくれます」。幻想は真実を見抜く視力を奪い、黒雲の中に奇跡を隠してきました。その奇跡をホーリー・スピリットは与えてくれます。"Let Him ~ "「今日は、ホーリー・スピリットに判断を委ねましょう」。幻想で麻痺した理性的判断を放棄して、ホーリー・スピリットにすべての判断を委ねましょう。


I do not know my will, but He is sure it is Your Own. And He will speak for me, and call Your miracles to come to me.

  • sure [ʃúər] : 「確信して、固く信じて」
  • speak for : 「〜に代わって話す」

❖ "I do not ~ "「私は私の意志を知りませんが、ホーリー・スピリットはそれが神の意志だと確信しています」。自分の意志が神の意志でもあることを知らずにいましたが、ホーリー・スピリットはそれをちゃんと知っています。"And He will ~ "「そして、ホーリー・スピリットは私の代わりに話してくれて、神の奇跡が私の下(もと)にやって来るように呼びかけてくれます」。ホーリー・スピリットは神と神の子の間の媒介者なのですね。


2. Listen today. Be very still, and hear the gentle Voice for God assuring you that He has judged you as the Son He loves.

  • still [stíl] : 「静かな、穏やかな、じっとした」
  • gentle [dʒéntl] : 「優しい、寛大な、穏やかな」
  • assure [əʃúər] : 「保証する、請け合う、約束する」

❖ "Listen today."「今日は聞くだけにしなさい」。"Be very ~ "「じっと静かにたたずみ、神に代わって話す優しい声を聞きなさい」。"assuring you ~ "「その声は、あなたが神の愛する子であると判断したことをあなたに保証してくれる」。







W-pII.341.1:1 ~ W-pII.344.2:2


 Lesson 341


I can attack but my own sinlessness,

And it is only that which keeps me safe.

  • attack [ətǽk] : 「~を攻撃する」
  • sinlessness [sínlisnis] : 「罪のないこと、無辜」

❖ "I can attack ~ "「私は自分の無辜(むこ)性を攻撃できるが、同時に、私を安全に保ってくれるものもまた無辜性だけだ」。神を裏切り神から分離した自分の罪深さを嘆いて自分の無辜性を攻撃することも出来るが、その罪が幻想に過ぎないのだと知って罪を消し去り、神の愛に守られていると実感できるのもまた、自分の無辜性である。


1. Father, Your Son is holy. I am he on whom You smile in love and tenderness so dear and deep and still the universe smiles back on You, and shares Your Holiness. 

  • tenderness [téndərnis] : 「優しさ」
  • dear [díər] : 「親愛な、いとしい、かわいい」
  • deep [díːp] : 「深い」
  • universe [júːnəvə̀ːrs] : 「宇宙、銀河、全世界」
  • share in : 「~を分かち合う、~を共有する」
  • holiness [hóulinis] : 「神聖、神聖さ」

❖ "Father, Your ~ "「父なる神よ、あなたの子は神聖です」。神が創造した神の子である自分は、神同様に無辜であり神聖です。"I am he on ~ "「私こそ、愛と優しさの中であなたが微笑みかけてくれる者です」。"so dear and ~ "「その愛と優しさはとても愛(いと)おしく深いので、今なお、全世界はあなたに微笑みを返しており、あなたの神聖さを分かち合っています」。神の住まう実相世界では、存在はすべて無辜であり神聖です。愛と優しさに溢れ、微笑み合いながら喜びを分かち合っています。


How pure, how safe, how holy, then, are we, abiding in Your Smile, with all Your Love bestowed upon us, living one with You, in brotherhood and Fatherhood complete; in sinlessness so perfect that the Lord of Sinlessness conceives us as His Son, a universe of Thought completing Him.

  • pure [pjúər] : 「純粋な、清潔な、清らかな」
  • abide [əbáid] : 「とどまる、居住する」
  • bestow [bistóu] : 「~を授ける、与える」
  • brotherhood [brʌ́ðərhud] : 「兄弟の間柄」
  • fatherhood [fάːðərhud] : 「父であること、父権」
  • complete [kəmplíːt] : 「全部そろった、完全な」
  • perfect [pə́ːrfikt] : 「完全な、完璧な」
  • Lord [lɔ́ːrd] : 「権力者、神」
  • conceive [kənsíːv] of :「~を心に描く」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考、思想」

❖ How pure, ~ "「私達はなんと純粋で、安全で、神聖なのでしょう」。"abiding in Your ~ "「あなたの微笑みの中にとどまりながら、私達に授けてくれたあなたの愛のすべてを携えて、あなたと一体になって生きています」。"in brotherhood ~ "「神の子同士という関係性も、あなたが父であるという関係性も完成しています」。神が神の子を創造した瞬間のままに、すべての完全性が今も保たれています。"in sinlessness ~ "「また、無辜性はあまりにも完璧なので、無辜なる者の王は私達を神の子なのだと心に抱き、」"a universe of ~ "「そんな思いからなる全世界は神の子を完全な者とするのです」。神は愛の延長上に神の子を創造し、神の属性のすべてを神の子に授けました。神の子は完全に無辜であり、神同様に神聖であり、神の思考という全世界の中で神の子は完全完璧な存在となるのです。


2. Let us not, then, attack our sinlessness, for it contains the Word of God to us. And in its kind reflection we are saved.

  • contain [kəntéin] : 「含む、包含する」
  • reflection [riflékʃən] : 「反射、影、反映、反響」

❖ "Let us not ~ "「そこで、私達の無辜性を攻撃するようなことはすまい」。"for it contains ~ "「なぜなら、無辜性は私達に向けられた神の言葉を含んでいるからだ」。神は神の子を無辜なる存在として創造した。それは神の願いであり神の言葉として受け止めておくべきだ。"And in its ~ "「そして、その優しい反映の中で、私達は救われる」。神の子は完全に無辜で、完全に神聖なのだという神の思いが言葉に反映し、世界に響き、分かち合われ、神の子である私達は罪という幻想から救われる。



Lesson 342


I let forgiveness rest upon all things,

For thus forgiveness will be given me.

  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し」
  • rest [rést] : 「ある、休む、置かれている」
  • thus [ðʌ́s] : 「それ故に、従って」

❖ "I let forgiveness ~ "「私はあらゆるものに赦しを与えよう」。"For thus ~ "「なぜなら、こうすることで、赦しが私に与えられるからだ」。実相的真実は分かち合われるのであって、与えることと得ることは同じだ。他者の幻想を赦せば、自分の幻想も赦される。


1. I thank You, Father, for Your plan to save me from the hell I made. It is not real. 

  • save [séiv] : 「救う、助ける」
  • hell [hél] : 「地獄、生き地獄」

❖ "I thank You, ~ "「父なる神よ、私がでっち上げた地獄から私を救い出すというあなたのプランに感謝します」。"It is not ~ "「地獄など実在しません」。地獄など実相的に存在しません。地獄は悪質な幻想に過ぎません。


And You have given me the means to prove its unreality to me. 

  • means [míːnz] : 「手段、方法」
  • prove [prúːv] : 「証明する、~が…であることを示す」
  • unreality [ʌnriǽləti] : 「非現実性、実在しないもの」

❖ "And You have ~ "「そしてあなたは、地獄の非現実性を私に証明してみせる手段を与えてくれました」。地獄などの幻想を赦して手放せば、その現実性は消滅します。非現実性を証明する手段は赦しなのです。


The key is in my hand, and I have reached the door beyond which lies the end of dreams. 

  • reach [ríːtʃ] : 「達する、至る、手が届く」
  • beyond [bijάnd] : 「~の向こうに、~を越えて」
  • lie [lái] : 「ある、存在する」

❖ "The key is ~ "「鍵は私の手の中にあります」。"and I have ~ "「そして、私はドアに到達し、その向こうに夢の終わりがあります」。ドアの向こうに幻想の終焉が見えています。


I stand before the gate of Heaven, wondering if I should enter in and be at home. Let me not wait again today. 

  • wonder [wʌ́ndər] : 「~かどうかと思う」
  • enter [énter] : 「~に入る、~に立ち入る」
  • at home : 「くつろいで、気楽に」
  • wait [wéit] : 「待つ」

❖ "I stand before ~ "「私は天の王国の扉の前に立っています」。"wondering if ~ "「そして、その中に入ってくつろぐべきか迷っています」。まだ躊躇している自分がいます。"Let me not ~ "「今日こそ、再び待つようなことがありませんように」。今日こそ、躊躇せずに天の王国の扉をくぐろうと思います。


Let me forgive all things, and let creation be as You would have it be and as it is. 

  • forgive [fərɡív] : 「許す、容赦する」
  • creation [kriéiʃən] : 「創造、創作、創作物」

❖ "Let me forgive ~ "「あらゆるものを赦そう」。"and let creation ~ "「創造されたものが、あなたがそうあって欲しいと思うように、そして、あるがままにしよう」。神が創造したものたちが、真実のまま、神聖のまま、そして今ある本当の姿のままでいられるように願おう。


Let me remember that I am Your Son, and opening the door at last, forget illusions in the blazing light of truth, as memory of You returns to me.

  • remember [rimémbər] : 「~を思い出す」
  • at last : 「最後に、ついに」
  • forget [fərɡét] : 「~を忘れる」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • blazing [bléiziŋ] : 「赤々と燃え上がるような」
  • return [ritə́ːrn] : 「戻る、帰る、返還する」

❖ "Let me remember ~ "「私があなたの子であることを思い出そう」。私はあなたが創造した神の子であることを思い出します。"and opening ~ "「ついにドアを開けました」。"forget illusions ~ "「あなたの思い出が私によみがえるにつれ、真実の燃えるような光の中で、幻想を忘れ去ってしまおう」。


2. Brother, forgive me now. I come to you to take you home with me. And as we go, the world goes with us on our way to God.

  • on one's way : 「〜に行く途中で」

❖ "Brother, forgive ~ "「同胞よ、今私を赦してください」。あなたが私に抱いている幻想を赦して手放してほしい。"I come to ~ "「私とともにあなたを故郷に連れて行くために、私はやって来たのです」。"And as we ~ "「私達が歩を進めるにしたがい、世界も神への道を私達と一緒に歩むのです」。



Lesson 343


I am not asked to make a sacrifice

To find the mercy and the peace of God.

  • sacrifice [sǽkrəfàis] : 「犠牲、犠牲にすること」
  • mercy [mə́ːrsi] : 「慈悲、情け」

❖ "I am not ~ "「神の平和と慈悲を見つけるために犠牲を強いられることはない」。神は犠牲も試練も与えることはない。犠牲や試練は実相的な真実ではない。


1. The end of suffering can not be loss. The gift of everything can be but gain. You only give. You never take away. 

  • suffering [sʌ́fəriŋ] : 「苦しみ、苦痛、悩み」
  • loss [lɔ́s] : 「失うこと、喪失、紛失」
  • gain [géin] : 「利益、得ること」
  • take away : 「奪い去る、持ち去る」

❖ "The end of ~ "「苦しみが終わることで何かを喪失することはありません」。何かを犠牲にして苦しみを終わらせるようなことはありません。"The gift of ~ "「あらゆるものの贈り物はただ与えられるだけです」。神からの贈り物は何かを犠牲にして得られるようなものではなく、まったく無償で与えられるだけです。"You only ~ "「あなたは与えるだけ」。"You never ~ "「あなたは決して奪いません」。神は与えるだけで、奪うことはしません。


And You created me to be like You, so sacrifice becomes impossible for me as well as You. I, too, must give. 

  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
  • sacrifice [sǽkrəfàis] : 「犠牲、犠牲にすること」
  • impossible [impάsəbl] : 「不可能な、あり得ない」

❖ "And You ~ "「あなたは、あなたそっくりに私を創造してくれました」。"so sacrifice ~ "「だから、あなたと同様、私にも犠牲は不可能になるのです」。"I, too, ~ "「私もあなた同様に与えなければなりません」。実相世界では与えることと得ることは同じです。


And so all things are given unto me forever and forever. As I was created I remain. 

  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
  • remain [riméin] : 「とどまる、残る、生き残る」

❖ "And so all ~ "「だから、あらゆるものは永遠に、永遠に私に与えられます」。"As I was ~ "「私は創造されたままでいます」。


Your Son can make no sacrifice, for he must be complete, having the function of completing You. 

  • complete [kəmplíːt] : 「全部そろった、完全な」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、作用、働き、役割」
  • complete [kəmplíːt] : 「~を完了する、完成する」

❖ "Your Son ~ "「あなたの子は決して犠牲にすることはありません」。"for he must ~ "「なぜなら、神の子は完全であるに違いないからです」。完全だから、何かを犠牲にして得たいものなどありません。"having the ~ "「神の子はあなたを完成させる役目があるだけですから」。神とホーリー・スピリットと神の子が三位一体となって「神あり(God is)」という一点に収斂(しゅうれん)するという究極的な役割を神の子は負っています。


I am complete because I am Your Son. I cannot lose, for I can only give, and everything is mine eternally.

  • lose [lúːz] : 「~を失う、喪失する、なくす」
  • mine [máin] : 「私のもの」
  • eternally [itə́ːrnli] : 「永久に、永遠に」

❖ "I am complete ~ "「私はあなたの子であるので、私は完全です」。"I cannot ~ "「私は失うことはありません」。"for I can ~ "「なぜなら、私は与えるだけであって、すべては永遠に私のものだからです」。私は神によって創造され、神の属性のすべてを継承したので、永遠にすべてを持っています。それを与え続け、与えることで真実を得るのです。分かち合うのです。


2. The mercy and the peace of God are free. Salvation has no cost. 

  • mercy [mə́ːrsi] : 「慈悲、情け」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救済、救い」

❖ "The mercy ~ "「神の慈悲も平和も無料だ」。"Salvation ~ "「救いにお金はかからない」。救いにお金を要求する世俗の宗教はことごとくいかさまだ。神の慈悲や平和から最も遠いところにあるペテンである。


It is a gift that must be freely given and received. And it is this that we would learn today.

  • freely [fríːli] : 「自由に、束縛を受けずに」
  • receive [risíːv] : 「受け取る」
  • learn [lə́ːrn] : 「学ぶ、知る」

❖ "It is a gift ~ "「救いは、惜しみなく与えたり得たりしなくてはならない贈り物だ」。"And it is ~ "「これこそ、今日私達が学ぼうとすることである」。



Lesson 344


Today I learn the law of love; that what

I give my brother is my gift to me.

  • learn [lə́ːrn] : 「学ぶ、知る、分かる」

❖ "Today I ~ "「今日、私は愛の法則を学ぶ」。"that what ~ "「つまり、私が同胞に与えるものは、私への贈り物だ、ということだ」。実相的に、与えることと得ることは同じだ。真実の分かち合いである。


1. This is Your law, my Father, not my own. I have not understood what giving means, and thought to save what I desired for myself alone. 

  • law [lɔ́ː] : 「法、法律」
  • understood [ʌ̀ndərstúd] : 「understandの過去・過去分詞形」
  • mean [míːn] : 「~を意味する」
  • thought [θɔ́ːt] : 「thinkの過去・過去分詞形」
  • save [séiv] : 「確保しておく、取っておく」
  • desire [dizáiər] : 「~が欲しいと強く思う」
  • alone [əlóun] : 「独りで、単独で」

❖ "This is ~ "「我が父なる神よ、これは私自身の法ではなくあなたの法です」。私自身がでっち上げたこの世の法ではなく、あなたが神の子に与えてくれた実相的な法です。"I have not ~ "「私は与えるということの意味を理解していませんでしたし、私自身のためだけに欲しいものを確保しておこうと思っていました。」私は奪われる前に奪おうとさえ思っていました。エゴは、殺される前に殺せと私に教えたのです。


And as I looked upon the treasure that I thought I had, I found an empty place where nothing ever was or is or will be. 

  • look upon : 「~を見る」
  • treasure [tréʒər] : 「宝、富、宝物」
  • empty [émpti] : 「空の、空っぽの」
  • place [pléis] : 「場所、個所」

❖ "And as I ~ "「私が持っていると思っていた宝物を見たとき、そこには何もなかったし今からも何もない空っぽな場所だと分かりました」。自分が追い求めていたこの世の宝物は幻想に過ぎず、本当は何の実体もない空っぽなものだと知りました。昔も今も未来も、幻想は幻想に過ぎません。絵に描いた餅は絵に過ぎません。


Who can share a dream? And what can an illusion offer me? 

  • share in : 「~を分かち合う、~を共有する」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる」

❖ "Who can ~ "「誰が夢を分かち合えるでしょうか」。実体のない幻想を分かち合うことなど出来ません。"And what ~ "「また、幻想が私に何を差し出すことが出来るでしょう」。


Yet he whom I forgive will give me gifts beyond the worth of anything on earth. 

  • forgive [fərɡív] : 「許す、容赦する」
  • beyond [bijάnd] : 「~の向こうに、~を越えて」
  • worth [wə́ːrθ] : 「価値」

❖ "Yet he whom ~ "「でも、私が赦す相手は、この地上にあるどんな価値をも越えた贈り物を私に与えてくれます」。同胞の幻想を赦すことで自分の幻想も赦され、共に幻想を消滅させれば、神から継承した実体のある実相的な宝物が現実のものとなるのです。


Let my forgiven brothers fill my store with Heaven's treasures, which alone are real. 

  • forgiven [fərɡívn] : 「forgiveの過去分詞」
  • fill [fíl] : 「いっぱいに満たす」
  • real [ríəl] : 「実在する、現実の、本物の」

❖ "Let my forgiven ~ "「赦された同胞に、天の宝物で私の店をいっぱいにしもらいましょう」。"which alone ~ "「それだけが実在します」。それだけが実在するリアリティーなのです。


Thus is the law of love fulfilled. And thus Your Son arises and returns to You.

  • fulfill [fulfíl] : 「~を実行する、~を果たす」
  • arise [əráiz] : 「起こる、生じる、よみがえる」
  • return [ritə́ːrn] : 「戻る、帰る、返還する」

❖ "Thus is the ~ "「こうして、愛の法則が実行されます」。赦しを分かち合うことで共に実相に目覚めることこそ愛のなせる技なのです。"And thus ~ "「こうして、あなたの子は立ち上がり、あなたへと戻ります」。神の子は実相に目覚めて立ち上がり、神への回帰の道を歩み出します。


2. How near we are to one another, as we go to God. How near is He to us. 

  • near [níər] : 「近い、接近した」
  • one another : 「お互い」

❖ "How near ~ "「私達が神に向かうとき、互いになんと近いことか」。"How near ~ "「神もまた、私達になんと近いことか」。実相的に神の子は分裂しておらず、神とも分離していないことが次第に感じられてくる。


How close the ending of the dream of sin, and the redemption of the Son of God.

  • close [klóus] : 「近い、接近した」
  • sin [sín] : 「罪、罪悪」
  • redemption [ridémpʃən] : 「罪の贖い、贖罪」

❖ "How close ~ "「罪という夢の終わりと、神の子の贖罪がなんと近づいていることか」。罪は幻想であり、幻想を赦すことで幻想の罪は消滅する。こうして実相的な贖罪は果たされる。完全に無辜であり神聖な神の子に戻ることになる。







13. What Is a Miracle?


 13. What Is a Miracle?



1. A miracle is a correction. It does not create, nor really change at all. 

  • correction [kərékʃən] : 「訂正、修正、是正」
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
  • not at all : 「 全く〜ない、全然〜ない、少しも〜ない」

❖ "A miracle ~ "「奇跡とは修正することだ」。"It does not ~ "「奇跡は創造することはないし、実際、何も変化させない」。奇跡は何かを生み出すことはないし、変えることもない。奇跡は誤った知覚を修正するだけだ。幻想に過ぎないものを実在していると勘違いする知覚を修正するだけだ。


It merely looks on devastation, and reminds the mind that what it sees is false. 

  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
  • look on : 「〜を見る、〜を観察する」
  • devastation [dèvəstéiʃən] : 「荒廃、廃虚」
  • remind [rimáind] : 「〜に思い出させる、〜に気付かせる」
  • false [fɔ́ːls] : 「誤った、虚偽の、偽の」

❖ "It merely ~ "「奇跡は単に荒廃に目を向け、心に対して見ているものは嘘なのだと思い起こさせることである」。この世の苦と痛み、悲惨な混乱が本当は実相的に存在するものではなく、知覚がそのように見せかけている光景に過ぎないのだと思い出させてくれる。それが奇跡。


It undoes error, but does not attempt to go beyond perception, nor exceed the function of forgiveness. Thus it stays within time's limits. 

  • undo [ʌndú] : 「元どおりにする、取り消す」
  • error [érər] : 「誤り、間違い」
  • attempt [ətémpt] : 「〜を試してみる、〜を企てる」
  • beyond [bijάnd] : 「〜の向こうに、〜を越えて」
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、認知、知見、見識」
  • exceed [iksíːd] : 「超える、上回る」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、作用、働き、役割」
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し」
  • thus [ðʌ́s] : 「それ故に、従って」
  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜の内側に」
  • limit [límit] : 「限度、制限」

❖ "It undoes ~ "「奇跡は誤りを取り消すが、知覚を超越してその先に行こうとすることはないし、赦しの役割を越えることもない」。奇跡は知覚の誤りを修正し、取り消しにするのだが、その知覚を超越的な知覚 (実相的ヴィジョン)に進化させたり、あるいは実相的な赦しの行為を代行したりすることもない。"Thus it stays ~ "「このように、奇跡は時間という制限の内にとどまっている」。奇跡は時間の存在しない実相世界における現象ではなく、時間の存在するこの幻想世界での出来事だ。奇跡は幻想世界から実相世界へ橋渡しする役割をもっている。


Yet it paves the way for the return of timelessness and love's awakening, for fear must slip away under the gentle remedy it brings.

  • pave [péiv] : 「〜を舗装する、覆う」
  • pave the way : 「道を開く」
  • return [ritə́ːrn] : 「戻る、帰る、返還する」
  • timelessness [táimlisnis] : 「時間が存在しないこと」
  • awaken [əwéikən] : 「目を覚ます、目覚める」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖」
  • slip away : 「静かに立ち去る、場を外す」
  • under [ʌ́ndər] : 「〜のもとに」
  • gentle [dʒéntl] : 「優しい、寛大な、穏やかな」
  • remedy [rémədi] : 「救済策、治療、療法」
  • bring about : 「〜をもたらす、〜を引き起こす」

❖ "Yet it paves ~ "「しかし奇跡は、無時間への回帰と愛の目覚めへの道を開いてくれる」。奇跡は実相を知覚できる開眼へ道を開いてくれる。"for fear must ~ "「なぜなら、奇跡がもたらす優しい癒やしの下(もと)、恐れはその場を立ち去らざるを得ないからだ」。幻想の恐れは癒やされてその姿を隠してしまう。ただし、恐れが消滅するのは赦しが実行されてから。


2. A miracle contains the gift of grace, for it is given and received as one. 

  • contain [kəntéin] : 「含む、包含する」
  • grace [gréis] : 「優雅、神の恩寵、神の愛」
  • given [ɡívən] : 「giveの過去分詞形」
  • receive [risíːv] : 「受け取る、聞く、知る」

❖ "A miracle ~ "「奇跡は神の愛という贈り物を含んでいる」。"for it is ~ "「なぜなら、奇跡は同一のものとして与えられたり受け取られたりするからだ」。知覚の修正である奇跡は神が神の子に遣わせたホーリー・スピリットの導きでなされ、その意味では奇跡は神からの贈り物だ。と同時に、神の子が奇跡をなすことで、神の子は神の愛へ返答することになる。愛は一方向ではなく、一つのものとして、神と神の子の間で交換される。


And thus it illustrates the law of truth the world does not obey, because it fails entirely to understand its ways. 

  • illustrate [íləstrèit] : 「説明する、解説する」
  • law [lɔ́ː] : 「法、法律」
  • obey [oubéi] : 「〜に従う」
  • fail [féil] : 「失敗する、しくじる」
  • entirely [entáiərli] : 「全く、完全に」
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、分かる」
  • way [wéi] : 「方法、やり方、手段、様式」

❖ "And thus ~ "「こうして奇跡は、この世界が従わない真実の法を説く」。この幻想世界は夜見る夢のようなもので、規則も法もなく、ただただ混沌としている。他方、本当に実在するものは実相世界の真実、すなわち神の法に従う。奇跡の存在は、その間の事情を表している。"because it fails ~ "「なぜなら、この世界は真実の法の有り様をまったく理解し損ねているからだ」。幻想を実在だと信じているこの世界は、実相世界の真実がどのような法に従って作用し合っているかまったく理解できない。


A miracle inverts perception which was upside down before, and thus it ends the strange distortions that were manifest. 

  • invert [invə́ːrt] : 「逆さにする、ひっくり返す」
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、認知、知見、見識」
  • upside down : 「逆さまに」
  • before [bifɔ́ːr] : 「前に、先に」
  • end [énd] : 「終わらせる、やめる」
  • strange [stréindʒ] : 「奇妙な、変な」
  • distortion [distɔ́ːrʃən] : 「ゆがみ、ねじれ、歪曲」
  • manifest [mǽnəfèst] : 「明白に示す、明示する」

❖ "A miracle ~ "「奇跡は、それまで逆さまだった知覚をひっくり返す」。肉体的な知覚は非実在を実在するかのように錯覚させて人を騙してきたが、奇跡はそれをひっくり返して真実だけが実在するという実相的な知覚に修正する。"and thus it ~ "「そして奇跡は、目に見えていた奇妙な歪みを終了させる」。肉体的な知覚が生み出していた幻想や錯覚、この幻想世界の混沌とした歪みを奇跡が修正する。実相的な知覚によって実在する真実が見えてくる。


Now is perception open to the truth. Now is forgiveness seen as justified.

  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し」
  • justify [dʒʌ́stəfài] : 「正当化する」

❖ "Now is perception ~ "「今や知覚は真実へと開かれる」。"Now is forgiveness ~ "「今や赦しは正当なものとして見なされる」。知覚の修正を導く赦しは実相的に正しいことだと認識される。


3. Forgiveness is the home of miracles. The eyes of Christ deliver them to all they look upon in mercy and in love. 

  • deliver [dilívər] : 「送る、引き渡す」
  • look upon : 「〜を見る」
  • mercy [mə́ːrsi] : 「慈悲、情け」

❖ "Forgiveness is ~ "「赦しは奇跡の故郷である」。幻想を認識し、受け止め受け流して幻想を赦せば、幻想は消滅して実相世界が知覚され始める。赦しが知覚の修正である奇跡を生み出す。"The eyes of ~ "「キリストの目が、慈悲と愛の中で見るものすべてに、奇跡をもたらす」。キリストの目(実相的ヴィジョン)をもつホーリー・スピリットのように、慈悲と愛をもって世界を見れば、奇跡を覆い隠してきた幻想は剥がれ落ちて真実が見えてくる。


Perception stands corrected in His sight, and what was meant to curse has come to bless. 

  • stand [stǽnd] : 「立つ、立っている」
  • correct [kərékt] : 「〜を訂正する、修正する、正す」
  • sight [sáit] : 「視力、視覚、視野、視界」
  • meant [mént] : 「meanの過去・過去分詞形」
  • be meant to do : 「〜するように意図されている」
  • curse [kə́ːrs] : 「罵りの言葉、のろい」
  • bless [blés] : 「〜を祝福する」

❖ "Perception stands ~ "「キリストの視界の中に知覚は修正されて立ち上がる」。"and what was ~ "「呪いを意図されたものは祝福として現れる」。知覚は修復され、天地が逆転する変化が起きる。幻想世界で呪いに思われたものが実相世界では祝福に変わる。たとえば必然だと思われていた命の死は、キリストの目には非存在と見え、永遠の命に取って代わる。


Each lily of forgiveness offers all the world the silent miracle of love. 

  • lily [líli] : 「ユリ」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる」
  • silent [sáilənt] : 「静かな、無言の」

❖ "Each lily ~ "「赦しのユリ一本一本が全世界に愛の静かな奇跡を差し出す」。


And each is laid before the Word of God, upon the universal altar to Creator and creation in the light of perfect purity and endless joy.

  • laid [léid] : 「layの過去・過去分詞形」
  • lay [léi] : 「置く、横たえる」
  • universal [jùːnəvə́ːrsl] : 「全宇宙の、全世界の、普遍的な」
  • altar [ɔ́ːltər] : 「祭壇、聖餐台」
  • creator [kriéitər] : 「創造者、創作者、創設者」
  • creation [kriéiʃən] : 「創造、創作物」
  • perfect [pə́ːrfikt] : 「完全な、完璧な」
  • purity [pjúərəti] : 「純粋さ、無垢さ」
  • endless [éndlis] : 「終わりのない、永遠の」
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜」

❖ "And each ~ "「完璧な清純さと永遠の喜びの光の中、一本一本のユリは神の言葉の前に、創造主と創造されたものたちに向けられた全宇宙的な祭壇の前に置かれる」。清いユリの花のような奇跡は、神の子の歓喜の中で、神による真実の言葉とふれ合える祭壇の前に捧げられる。その祭壇は神の祭壇でもあり、神が創造した神の子の祭壇でもある。実相という実在の神聖な舞台だ。


4. The miracle is taken first on faith, because to ask for it implies the mind has been made ready to conceive of what it cannot see and does not understand. 

  • take [téik] : 「〜を要する、必要とする」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信じること、信念」
  • ask for : 「〜を求める、〜を要求する」
  • imply [implái] : 「暗示する、ほのめかす」
  • make ready [rédi] : 「準備する、備える」
  • conceive [kənsíːv] of :「〜を考え出す、〜を心に描く」

❖ "The miracle ~ "「奇跡は最初に、信念の上に取り入れられる」。何らかの証拠があって奇跡が受け入れられるのではなく、信じる心の中に奇跡は芽生える。"because to ask ~ "「なぜなら、奇跡を求めることは、見えないものや理解していないものを描き出そうと、心がすでに準備を整えているということを暗に意味しているからだ」。知覚でとらえることが出来ないものは非存在なのだと決めつけることなく、見えなくても、あるいは見えていたとしてもその裏に、何か本当の真実が存在するかもしれないと信じる心が奇跡を呼び寄せる。


Yet faith will bring its witnesses to show that what it rested on is really there. 

  • bring about : 「〜をもたらす、〜を引き起こす」
  • witness [wítnəs] : 「証拠、証言、証人」
  • rest [rést] : 「ある、置かれている」
  • rest on  : 「〜に基礎を置く」

❖ "Yet faith ~ "「しかし、信じる心は、それが基づいているものが実際そこにあるのだと示す証拠をもたらすことになる」。信じる心は、知覚ではとらえられないものが本当にそこに存在するのだという証拠をもたらす。実相は肉体的な目に見えないが、幻想に隠されているだけであって、実際はそこに存在するのだという証拠を奇跡が運んでくる。キリストのヴィジョンである。


And thus the miracle will justify your faith in it, and show it rested on a world more real than what you saw before; a world redeemed from what you thought was there.

  • justify [dʒʌ́stəfài] : 「正当化する」
  • redeem [ridíːm] : 「〜を罪から救う、〜を救い出す」

❖ "And thus ~ "「こうして奇跡は、奇跡を信じるあなたの心は正しいのだと証明し、」"and show it ~ "「あなたがそれまで見てきた世界よりもずっとリアルな世界に基礎を置いているのだと示す」。奇跡はこの世界よりずっとリアルな実相世界に基礎を置いている。"a world ~ "「その世界は、あなたがそこに存在していたと思っていた世界から救い出された世界である」。奇跡は知覚を修正し、存在していると思っていた幻想世界からそれまで見えなかった実在の実相世界を救い出して目に見えるようにする。


5. Miracles fall like drops of healing rain from Heaven on a dry and dusty world, where starved and thirsty creatures come to die. 

  • fall [fɔ́ːl] : 「落ちる、落下する」
  • dusty [dʌ́sti] : 「ほこりっぽい、ちりまみれの」
  • starved [stάːrvd] : 「飢えた」
  • thirsty [θə́ːrsti] : 「喉が渇いた」
  • creature [kríːtʃər] : 「生き物、動物、人間」

❖ "Miracles fall ~ "「奇跡は、乾いた塵(ちり)だらけの世界の上に癒やしの雨粒のように降る」。"where starved ~ 

「その世界では、飢えて喉をからした生き物たちは死を運命づけられている」。


Now they have water. Now the world is green. And everywhere the signs of life spring up, to show that what is born can never die, for what has life has immortality.

  • sign [sáin] : 「象徴、しるし、兆候」
  • spring up : 「生じる、ひょっこり現れる」
  • born [bɔ́ːrn] : 「生まれる、誕生する」
  • immortality [ìmɔːrtǽləti] : 「不死、不朽、不滅」

❖ "Now they ~ "「今生きもの達は水を得た」。"Now the ~ "「今や、世界は緑だ」。"And everywhere ~ "「到る所、命の兆しが湧き上がる」。"to show that ~ "「それは生まれたものは死ぬことはないと教えている」。"for what has ~ "「なぜなら、命あるものは不死だからだ」。







W-pII.337.1:1 ~ W-pII.340.2:6


 Lesson 337


My sinlessness protects me from all harm.

  • sinlessness [sínlisnis] : 「罪のないこと、無辜」
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る」
  • harm [hάːrm] : 「害、危害、悪意」

❖ "My sinlessness ~ "「私に罪がいないということが、あらゆる危害から私を守っている」。実相に目覚めれば、自分が真実(神)を裏切ったという罪は夢であり、罪による罰もまた夢であると知る。罪と罰という幻想によって生み出された恐れも幻想だと知り、恐れが生み出す苦と痛みもまた幻想だ。実相の自分は神が創造したままの無辜(むこ)なる存在である。


1. My sinlessness ensures me perfect peace, eternal safety, everlasting love, freedom forever from all thought of loss; complete deliverance from suffering. 

  • ensure [inʃúər] : 「〜を確実にする、保証する」
  • perfect [pə́ːrfikt] : 「完全な、完璧な」
  • eternal [itə́ːrnl] : 「永遠の、不変の」
  • safety [séifti] : 「安全、無事」
  • everlasting [èvərlǽstiŋ] : 「永遠の、永遠に続く」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考」
  • loss [lɔ́s] : 「失うこと、喪失」
  • complete [kəmplíːt] : 「完全な、全部の」
  • deliverance [dilívərəns] : 「救出、解放」
  • suffering [sʌ́fəriŋ] : 「苦しみ、苦痛、苦難」

❖ "My sinlessness ~ "「私の無辜性は、完璧な平和、永遠の安全性、永遠の愛、あらゆる喪失からの永遠の解放、苦しみからの完全な解放、等々を私に保証する」。完全な無辜性に目覚めれば、罪と罰の恐れが生み出す苦や痛みのこの世界は幻想であると知る。幻想を知り、それを受け入れて受け流し、赦すことで幻想は消滅する。


And only happiness can be my state, for only happiness is given me. 

  • state [stéit] : 「状態、情勢、状況」

❖ "And only ~ "「幸せだけが与えられたので、幸せだけが私の状態になり得る」。神の世界は一元論の世界だから、幸せは存在するが、不幸は存在しない。神は神の子に幸せという状態だけを与えたので、それ以外の状態になることは不可能だ。それ以外の状態にあると思うなら、それは幻想だ。悪夢を見ているに過ぎない。


What must I do to know all this is mine? I must accept Atonement for myself, and nothing more. 

  • mine [máin] : 「私のもの」
  • accept [æksépt]: 「受け入れる、承認する」
  • atonement [ətóunmənt] : 「償い、贖罪」

❖ "What must I ~ "「このすべてが私のものだと知るには、私はいったい何をすべきなのか」。永遠の平和、安全、愛、等々が自分のものであると知るには何が必要か? "I must accept ~ "「私自身に対する贖罪を受け入れる以外に何も必要ない」。罪の意識を消すこと、つまり、罪は幻想であると認識してその幻想を赦し、消滅させること、それだけでいい。


God has already done all things that need be done. 

  • already [ɔːlrédi] : 「すでに、とっくに〜済み」

❖ "God has already ~ "「神はあらゆるなすべきことを既になした」。時間は幻想だ。あえて言うなら、神は神の子を創造すると同時に、あらゆることをなし、その状態が永遠に続く。


And I must learn I need do nothing of myself, for I need but accept my Self, my sinlessness, created for me, now already mine, to feel God's Love protecting me from harm, to understand my Father loves His Son; to know I am the Son my Father loves.

  • learn [lə́ːrn] : 「〜を学ぶ、〜だと分かる、知る」
  • of oneself : 「ひとりでに、それ自体で」
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る」
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、分かる」

❖ "And I must ~ "「そして私は、私自身のために何もする必要はないと学ばねばならない」。神がなしたこと受け入れるだけでいい。言い換えれば、神の創造した真実を神と分かち合うだけでいい。"for I need but ~ "「なぜなら、私は本当の自分自身、私の無辜性を受け入れるだけでいいからだ」。"created for me ~ "「それは私のために創造されたものであり、すでに私のものだ」。"to feel God's ~ "「神の愛が私を害悪から守っていると感ずるため、父なる神が神の子を愛していると理解するため、私は父なる神が愛する神の子だと知るためなのだ」。


2. You Who created me in sinlessness are not mistaken about what I am. 

  • mistaken [mistéikən] : 「mistake の過去分詞形」
  • mistake [mistéik] : 「思い違いする、間違える」

❖ "You Who ~ "「私を無辜なる者として創造したあなたは、私が何であるかということに関して間違っていません」。私は、神が創造したままに今でも完全に無辜です。あなたは誤った創造をしませんから、私は完全に無辜なる神の子です。


I was mistaken when I thought I sinned, but I accept Atonement for myself. Father, my dream is ended now. Amen.

  • sin [sín] : 「罪を犯す」
  • end [énd] : 「終わらせる、やめる、締めくくる」

❖ "I was mistaken ~ "「私は罪を犯したと思ったとき、私は間違いを犯したのです」。罪を犯したと思ったとき、私は幻想の虜になってしまって、過ちを犯したのです。"but I accept ~ "「でも、私は自分のための贖罪を受け入れます」。幻想を赦して消滅させ、罪の意識を消し去ります。"Father, my ~ "「父なる神よ、今、私の夢は終わります」。幻想を消滅させます。"Amen."「アーメン」。




Lesson 338


I am affected only by my thoughts.

  • affect [əfékt] : 「影響を与える、〜に作用する」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考」

❖ "I am affected ~ "「私は私の思いによってのみ影響を受ける」。思考は現実化するのであって、幻想を生み出すのも自分の思考、真実を取り戻すのも自分の思考、つまり自分の意志がすべてである。


1. It needs but this to let salvation come to all the world. For in this single thought is everyone released at last from fear. 

  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い」
  • single [síŋɡl] : 「ただ一つの、たった一つの」
  • releas [rilíːs] : 「〜を解放する、自由にする」
  • at last : 「最後に、ついに」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖、懸念」

❖ "It needs ~ "「世界全体に救いをもたらすにはこれが必要なだけだ」。真実を求める思いだけが、幻想世界に救いをもたらす。"For in this ~ "「なぜなら、この一つの思いの中で、すべての人々が恐れからついに解放されるからだ」。真実に目覚めたいと願う思いだけが、この幻想世界を生み出した妄想の恐れから人々を解放してくれる。


Now has he learned that no one frightens him, and nothing can endanger him. 

  • learn [lə́ːrn] : 「〜を学ぶ、〜であると分かる」
  • frighten [fráitn] : 「〜怖がらせる」
  • endanger [endéindʒər] : 「〜を危険にさらす」

❖ "Now has he ~ "「今や人は、誰一人脅(おびや)かされることはないし、何一つ人を危険にさらすことなど出来ないと学んだ」。周りの人も物も、自分の思考が生み出した幻想に過ぎない。映画のスクリーンに映し出された人や物影によって誰が傷つけられようか。


He has no enemies, and he is safe from all external things. 

  • enemy [énəmi] : 「敵、敵対者」
  • external [ikstə́ːrnl] : 「外の、外側の、外部の」

❖ "He has no ~ "「彼には敵はいないし、あらゆる外部のものから安全である」。自分を害すると思われるものは恐れと知覚が生み出した幻想である。


His thoughts can frighten him, but since these thoughts belong to him alone, he has the power to change them and exchange each fear thought for a happy thought of love. 

  • belong [bilɔ́ːŋ] to : 「〜に属する、〜の所有である」
  • alone [əlóun] : 「独りで、孤立して、独力で」
  • exchange [ikstʃéindʒ] : 「〜を交換する」
  • exchange A for B : 「AをBと交換する」

❖ "His thoughts ~ "「彼の思いが脅かし得るだけだ」。自分の思いが幻想を現実化して恐れ生み出すだけだ。"but since ~ "「しかし、これらの思いは彼自体に属しているのだから、」思いは彼自身が生み出しているものなので、"he has the ~ "「彼はそれらを変化させ、恐れという一つ一つの思いと愛という幸せな思いを交換するパワーを持っている」。恐れという幻想を生み出す自分の思いを変化させて、愛や幸せという実相的な真実を生み出す思いと交換することが出来る。


He crucified himself. Yet God has planned that His beloved Son will be redeemed.

  • crucify [krúːsəfài] : 「〜を十字架に張り付けにする」
  • beloved [bilʌ́vd] : 「最愛の、いとしい、愛される」
  • redeem [ridíːm] : 「〜を救い出す、〜の罪を贖う」

❖ "He crucified ~ "「彼は自らを十字架にかけた」。幻想の恐れに耐えきれなくなり、自らを罪ありと認めて罰する行動に出る。"Yet God has ~ "「しかし神は、愛する神の子の罪が贖(あがな)われるような計画を立てた」。罪と罰、それに対する恐れもすべて幻想であり、それを認めて悪夢を手放せば、その赦しによって幻想は消滅し罪も罰も恐れもすべて消える。これが実相的な贖罪である。


2. Your plan is sure, my Father,--only Yours. All other plans will fail. 

  • sure [ʃúər] : 「確かな、確実な」
  • fail [féil] : 「失敗する、しくじる」

❖ "Your plan ~ "「父なる神よ、あなたの計画は、あなたの計画だけが確かです」。"All other ~ "「他のあらゆる計画は失敗に終わります」。罪と罰の恐れから解放される実相的方法は神が計画した赦しによる贖罪以外にありません。


And I will have thoughts that will frighten me, until I learn that You have given me the only Thought that leads me to salvation. 

  • until [əntíl] : 「〜する時まで」
  • lead [líːd] : 「〜を導く、連れて行く」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い」

❖ "And I will ~ "「そして私は、私を救いへと導いてくれる唯一の考えをあなたが与えてくれたのだと知るまで、私は私を脅(おびや)かす思いを持ち続けてしまうことになります」。神の考え、それは赦しとそれに続く恐れの消滅、つまり本当の贖罪という考えです。


Mine alone will fail, and lead me nowhere. But the Thought You gave me promises to lead me home, because it holds Your promise to Your Son.

  • mine [máin] : 「私のもの」
  • nowhere [nóuhwὲər] : 「どこにも〜ない」
  • promise [prάmis] : 「〜を約束する」
  • hold [hóuld] : 「維持する、保持する、持続する」

❖ "Mine alone ~ "「私の考えだけでは失敗に終わり、私をどこにも導いてくれません」。"But the Thought ~ "「でも、あなたが私に与えてくれた考えは、私を故郷へと導いてくれると約束しています」。贖罪は私が神によって創造された実相世界へと導いてくれます。"because it holds ~ "「なぜなら、その考えは神の子へあなたが与えてくれた約束を保持しているからです」。それはあなたが約束したことですから。




Lesson 339


I will receive whatever I request.

  • receive [risíːv] : 「受け取る」
  • whatever [hwʌtévər] : 「〜するのは何でも」
  • require [rikwáiər] : 「〜を求める、〜に要求する」

❖ "I will receive ~ "「求めるものは何でも与えられる」。『求めよさらば与えられん 』ということだが、一般的な解釈とは異なる。


1. No one desires pain. But he can think that pain is pleasure. 

  • desire [dizáiər] : 「〜が欲しいと強く思う」
  • pain [péin] : 「痛み、苦痛」
  • pleasure [pléʒər] : 「喜び、楽しみ、快楽」

❖ "No one ~ "「誰も痛みを望みはしない」。"But he can ~ "「しかし、人は痛みを喜びと考えることさえ可能だ」。変化を恐れるあまり、痛みの世界に埋没して、むしろ痛みさえも快楽と感じてしまう可能性がある。心が痛みを生み出すと同時に、心はその痛みを喜びと感じることもある。


No one would avoid his happiness. But he can think that joy is painful, threatening and dangerous. 

  • avoid [əvɔ́id] : 「避ける、回避する、逃れる」
  • painful [péinfəl] : 「苦痛な、悲痛な」
  • threatening [θrétniŋ] : 「脅迫的な」
  • dangerous [déindʒərəs] : 「危険な、危険を伴う」

❖ "No one would ~ "「誰も幸せを避けようとは思わない」。幸せの内容が問題だ。"But he can ~ "「しかし、喜びは苦痛であり、恐ろしく、危険だと思う可能性もある」。苦や痛みに対して自虐的な快楽を覚えてしまう可能性がある。


Everyone will receive what he requests. But he can be confused indeed about the things he wants; the state he would attain. 

  • confuse [kənfjúːz] : 「混同する、混乱させる」
  • indeed [indíːd] : 「実に、本当に、確かに」
  • state [stéit] : 「状態、状況」
  • attain [attain] : 「達する、手に入れる」

❖ "Everyone will ~ "「誰もが求めるものを手に入れる」。心は見たいものを見ると同じように、欲しいものを手に入れる。"But he can ~ "「しかし人は、欲しいと思うもの、手に入れたい状態に関してまったく混乱してしまう可能性がある」。どういう状態が幸せなのか、何が本当の幸せを導いてくれるのか、いったい自分は何を欲しているのか、往々にして混乱してしまうことがある。


What can he then request that he would want when he receives it? He has asked for what will frighten him, and bring him suffering. 

  • ask for : 「〜を求める、〜を要求する」
  • frighten [fráitn] : 「〜怖がらせる」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜をもたらす」
  • suffering [sʌ́fəriŋ] : 「苦しみ、苦痛」

❖ "What can ~ "「受け取ったとき、それが欲しかったものだと思えるには、いったい何を求めればいいのか」。"He has asked ~ "「彼を脅かすものを求めてしまい、苦痛がもたらされる」可能性もある。幸せをもたらすものは金、地位、権力だと思い込み、それを求めて得たとしても、逆にそれが孤独と苦を生み出す可能性は多々ある。


Let us resolve today to ask for what we really want, and only this, that we may spend this day in fearlessness, without confusing pain with joy, or fear with love.

  • resolve [rizάlv] : 「解決する、決心する、決意する」
  • ask for : 「〜を求める、〜を要求する」
  • spend [spénd] : 「使う、費やす」
  • fearlessness [fíərlisnis] : 「恐怖心のなさ」
  • confuse A with B : 「AをBと混同する」

❖ "Let us resolve ~ "「今日、私達は本当に欲しいもの、ただそれだけを求めるのだと決心をしよう」。"that we may ~ "「そうすれば、私達は今日という日を恐れなく過ごせるだろう」。"without confusing ~ "「痛みと喜び、恐れと愛を混同することもなく過ごせる」。


2. Father, this is Your day. It is a day in which I would do nothing by myself, but hear Your Voice in everything I do; requesting only what You offer me, accepting only Thoughts You share with me.

  • request [rikwést] : 「〜を依頼する」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、〜を提供する」
  • accept [æksépt]: 「受け入れる、承認する」
  • share [ʃέər] : 「分かち合う、共有する」

❖ "Father, this ~ "「父なる神よ、今日はあなたの日です」。"It is a day ~ "「それは、自分一人だけで何かをするという日ではなく、やりたいことすべてにおいてあなたの声を聞くという日です」。"requesting only ~ "「あなたが私に差し出してくれるものだけを求め、」神が提供してくれる真実だけを求め、"accepting only ~ "「あなたが私と分かち合う思いだけを受け入れます」。




Lesson 340


I can be free of suffering today.

  • be free of : 「〜から自由の身である」
  • suffering [sʌ́fəriŋ] : 「苦しみ、苦痛」

❖ "I can be ~ "「私は今日、苦しみから解放され得る」。苦と痛みの幻想世界から赦しを通して解放され得る。


1. Father, I thank You for today, and for the freedom I am certain it will bring. 

  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放」
  • certain [sə́ːrtn] : 「〜を確信している」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜をもたらす」

❖ "Father, I ~ "「父なる神よ、私は今日という日に、そして今日という日がもたらしてくれる解放に感謝します」。それを後押ししてくれる神に深く感謝します。


This day is holy, for today Your Son will be redeemed. His suffering is done. 

  • holy [hóuli] : 「神聖な、聖なる」
  • redeem [ridíːm] : 「〜を罪から救う、〜を救い出す」

❖ "This day ~ "「この日は神聖です」。"for today ~ "「なぜなら、今日、あなたの神の子は救われるからです」。"His suffering ~ "「神の子の苦痛は終わります」。幻想世界に閉じ込められ、罪と罰への恐れに苛まれた日々は今日で終わりです。幻想を赦し、罪と罰を消滅させ、実相的な贖罪を果たして解放されます。


For he will hear Your Voice directing him to find Christ's vision through forgiveness, and be free forever from all suffering. 

  • direct [dirékt] : 「〜に〜するよう指示する」
  • vision [víʒən] : 「洞察力、視覚、視力」
  • through [θrúː] : 「〜を通じて、〜の手を経て」
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」

❖ "For he will ~ "「なぜなら、赦しを通してキリストのヴィジョンを見出すため、あらゆる苦しみから永遠に解放されるために、神の子はあなたの声を聞くからです」。


Thanks for today, my Father. I was born into this world but to achieve this day, and what it holds in joy and freedom for Your holy Son and for the world he made, which is released along with him today.

  • born [bɔ́ːrn] : 「生まれる、誕生する、産声を上げる」
  • achieve [ətʃíːv] : 「獲得する、達成する、成就する」
  • release [rilíːs] : 「解放する、自由にする」
  • along with : 「〜と一緒に、〜とともに」

❖ "Thanks for ~ "「私の父なる神よ、今日の日をありがとうございます」。"I was born ~ "「私がこの世界に生まれたのはこの日を手に入れるためです」。"and what it ~ "「喜びの中、そして、あなたの神聖な子と彼がでっち上げた世界が解放される中にあって、今日という日が保持しているものを手に入れるために、私はこの世界に生まれて来たのです」。"which is released ~ "「この世界は、神の子とともに解放されます」。幻想から目覚めて、実相的な真実に出会うために、私はこの世界に生まれてきました。この世界は神の子である自分が夢に中ででっち上げたものだったのです。私が幻想から解放されることは、この世界も幻想から解放されることです。


2. Be glad today! Be glad! There is no room for anything but joy and thanks today. 

  • glad [ɡlǽd] : 「満足して、喜ばしい」
  • be no room for : 「〜の余地はない」

❖ "Be glad ~ "「今日こそ、喜ぼう」。"Be glad!"「喜ぼう」。"There is no ~ "「今日は、喜びと感謝以外のものに存在の余地はない」。


Our Father has redeemed His Son this day. Not one of us but will be saved today. 

  • redeem [ridíːm] : 「〜を罪から救う、〜を救い出す」
  • save [séiv] : 「救う、助ける」

❖ "Our Father ~ "「私達の父なる神は、今日神の子を救い出した」。罪と罰という幻想から救ってくれた。実相的贖罪を果たすことが出来た。"Not one of ~ "「今日、誰一人として救われない者はいない」。


Not one who will remain in fear, and none the Father will not gather to Himself, awake in Heaven in the Heart of Love.

  • remain [riméin] : 「依然として〜のままである」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖」
  • gather [ɡǽðər] : 「寄せ集める、集合させる」
  • awaken [əwéikən] : 「目を覚ます、目覚める」

❖ "Not one ~ "「誰一人、恐れの中に取り残されることはないし、父なる神自身の下(もと)に集められて、愛の心の中で、天の王国に目覚めない者など一人もいない」。すべての神の子は神の住まう天の王国、実相世界に目覚める。







W-pII.334.1:1 ~ W-pII.336.2:2


Lesson 334


Today I claim the gifts forgiveness gives.

  • claim [kléim] : 「主張する、要求する」
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し」

❖ "Today I ~ "「今日私は、赦しが与えてくれる贈り物を自分のものとして求める」。赦しによって幻想を消滅させ実相に目覚めるという贈り物を、神からの贈り物として受け入れる。


1. I will not wait another day to find the treasures that my Father offers me. 

  • wait [wéit] : 「待つ」
  • treasure [tréʒər] : 「宝、宝物」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる」

❖ "I will not ~ "「私の父なる神が私に差し出してくれる宝物を見つけるために、もう一日待つことなど出来ない」。


Illusions are all vain, and dreams are gone even while they are woven out of thoughts that rest on false perceptions.

  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • vain [véin] : 「無駄な、無益な」
  • woven [wóuvən] : 「weaveの過去分詞形、織った」
  • weave [wíːv] : 「織る、紡ぐ」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考、思想」
  • rest [rést] : 「〜を休ませる、〜を置く」
  • false [fɔ́ːls] : 「誤った、虚偽の、偽の」
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、認知、知見」

❖ "Illusions are ~ "「幻想はすべて無意味なものであり、夢は、過ちの上に居座る思考から紡ぎあげられると同時に過ぎ去ってしまう」。幻想世界で夢に見る富や権力などはことごとく空虚であり、水の泡のように生まれてはすぐに消えていく。幻想の時間に縛られ、あらゆるものは死という結末から逃れられない。


Let me not accept such meager gifts again today. God's Voice is offering the peace of God to all who hear and choose to follow Him. 

  • accept [æksépt]: 「受け入れる、承認する」
  • meager [míːɡər] : 「わずかばかりの、ちっぽけな」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • follow [fάlou] : 「〜の後について行く、〜に従う」

❖ "Let me not ~ "「今日、そんなちゃちな贈り物は二度と受け入れまい」。"God's Voice is ~ "「神の声を聞き神に従うことを選択した者達すべてに、神の声は神の平和を差し出している」。幻想を赦して消滅させたいと願う神の子に、神は実相の平和を差し出してくれる。


This is my choice today. And so I go to find the treasures God has given me.

  • choice [tʃɔ́is] : 「選ぶこと、選択」
  • treasure [tréʒər] : 「宝、富、宝物」

❖ "This is my ~ "「今日、これが私の選択だ」。"And so I ~ "「だから私は、神が私に与えてくれた宝物を探しに出かける」。


2. I seek but the eternal. For Your Son can be content with nothing less than this. 

  • seek [síːk] : 「探し求める、捜し出す」
  • eternal [itə́ːrnl] : 「永遠の、不変の、永久の」
  • content [kəntént] : 「〜を満足させる」
  • be content  [kəntént] with : 「〜に満足している」 
  • less than : 「〜未満の、〜に満たない」

❖ "I seek but ~ "「私は永遠だけを探し求めます」。幻想に過ぎない時間を消滅させ、実相的な永遠だけを求めます。"For Your Son ~ "「なぜなら、あなたの神の子は、これ以下のものに何一つ満足できないからです」。実相の永遠、実相の平和、それ以外のものに神の子は満足できません。きらびやかな幻想の夢などいりません。


What, then, can be his solace but what You are offering to his bewildered mind and frightened heart, to give him certainty and bring him peace? 

  • solace [sάləs] : 「慰め、安堵、癒やし」
  • bewildered [biwíldərd] : 「途方に暮れた、当惑した」
  • frightened [fráitnd] : 「脅えた、怖がって」
  • certainty [sə́ːrtnti] : 「確実性」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜をもたらす」

❖ "What, then, ~ "「それなら、神の子の途方に暮れた心や恐れを抱いた胸にあなたが差し出してくれるもの以外に、一体何が癒やしとなるでしょう」。"to give him ~ "「神の子に確信を与え、平和をもたらしてくれるのですから」。幻想世界の苦と痛み苛まれた心に癒やしをもたらしてくれるのは神の贈り物だけです。


Today I would behold my brother sinless. This Your Will for me, for so will I behold my sinlessness.

  • behold [bihóuld] : 「見守る、注視する」
  • sinless [sínlis] : 「罪のない、潔白な」
  • sinlessness [sínlisnis] : 「罪のないこと、無辜」

❖ "Today I ~ "「今日私は、私の同胞を罪のない者として見ようと思います」。同胞もまた、あなたの愛する神の子であると認め、罪は幻想なのだと確信します。"This Your ~ "「これこそ、私のために向けられたあなたの意志です」。"for so will ~ "「なぜなら、そうすれば、私も自分の無辜(むこ)なる姿を見ることが出来るからです」。神の子は単一であって、私と同胞は実相世界では同一です。神は神の子を無辜なる単一者として創造しました。この幻想世界で神の子は自らを分裂させ、神を裏切ったという罪に苛まれる悪夢を見ているだけなのですね。



Lesson 335


I choose to see my brother's sinlessness.

  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • sinlessness [sínlisnis] : 「罪のないこと、無辜」

❖ "I choose ~ "「私は、同胞が無辜(むこ)であると見ることを選ぶ」。罪は幻想であって、実相的にはすべての神の子は無辜である。


1. Forgiveness is a choice. I never see my brother as he is, for that is far beyond perception. 

  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し」
  • choice [tʃɔ́is] : 「選ぶこと、選択」
  • beyond [bijάnd] : 「向こうに、かなたに」
  • far beyond : 「〜をはるかに超えて」
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、認知、知見、見識」

❖ "Forgiveness is ~ "「赦しは選択だ」。幻想を信じるか、それを赦して消滅させるか、選択が重要だ。"I never see ~ "「私の同胞をありのままに見ることはない」。"for that is ~ "「なぜなら、それは知覚をはるかに超えたものだからだ」。実相的な本当の姿は肉体的な知覚によって捉えられるものではない。知覚自体が幻想なのだから。目に見える同胞の姿が幻想に過ぎないと見抜いてそれを赦し、幻想を消滅させたとき、同胞の本当の姿が実相的な知覚(叡智)によって捉えることが出来る。


What I see in him is merely what I wish to see, because it stands for what I want to be the truth. 

  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
  • wish [wíʃ] : 「望む、願う」
  • stand for : 「〜を表す」

❖ "What I see ~ "「私が同胞の中に見るものは、単に私が見たいと思っていることだ」。"because it ~ "「なぜなら、それは、私が真実としたいと思っていることを表しているに過ぎないからだ」。肉体的な知覚は心が望むものを幻想として映し出し、それが実在しているかのように錯覚させる。知覚が真実だと伝えるものは、自分が願望しているものを表している。


It is to this alone that I respond, however much I seem to be impelled by outside happenings. 

  • alone [əlóun] : 「独りで、単独で」
  • respond [rispɑ́nd] : 「反応する、対応する」
  • however [hauévər] : 「どんなに〜でも」
  • impel [impél] : 「〜を駆り立てる」
  • outside [áutsáid] : 「外部の、部外の」
  • happening [hǽpniŋ] : 「出来事、事件」

❖ "It is to ~ "「私が反応するのはこれのみだ」。"however much ~ "「たとえどんなに私が外で起きることによって駆り立てられているように見えようが」。自分の意志に反して外部世界が自分を駆り立てているように見えようが、その出来事は、自分が願望し知覚の作用によって生み出された幻想であり、自分はそれに反応しているだけだ。


I choose to see what I would look upon, and this I see, and only this. 

  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • look upon : 「〜を見る」

❖ "I choose to ~ "「私は見たいと思っているものを見ると選択し、」"and this I ~ "「そして、私はこれを見、ただこれのみを見ている」。


My brother's sinlessness shows me that I would look upon my own. 

  • sinlessness [sínlisnis] : 「罪のないこと、無辜」

❖ "My brother's ~ "「私の同胞の無辜性は、私が私自身の無辜性を見たいと思っていることを私に示している」。同胞に罪はないと思うことは、裏を返せば、罪のない自分を見たいと望んでいることだ。罪のない姿を幻想として描こうとしているのではなく、罪のない姿こそ真実なのだと見抜いている証拠だ。


And I will see it, having chosen to behold my brother in its holy light.

  • chosen [tʃóuzn] : 「chooseの過去分詞形」
  • behold [bihóuld] : 「見守る、注視する」
  • holy [hóuli] : 「神聖な、聖なる」

❖ "And I will ~ "「そして私は、無辜性を見る」。"having chosen ~ "「無辜性の神聖な光の中に私の同胞を見ることを選択したのだから」。無辜性という実相的な真実の光の中で同胞を捉えることを選択した結果、自分の真実の姿が見えてくる。もちろん、自分もまた神聖な光の中に住まう無辜なる存在なのだと知る。


2. What could restore Your memory to me, except to see my brother's sinlessness? 

  • restore [ristɔ́ːr] : 「回復させる、修復する」
  • except [iksépt] : 「ただし、〜ということを除いて」

❖ "What could ~ "「私の同胞の無辜性を見ること以外に、いったい何があなたの思い出を修復してくれるでしょうか」。自分と同胞は罪のない同一存在なのだと知ることで、神と過ごした実相世界を思い出すことが出来ます。真実を知ること以外に、神へ回帰する道はないのです。


His holiness reminds me that he was created one with me, and like myself. 

  • holiness [hóulinis] : 「神聖、神聖さ」
  • remind [rimáind] : 「〜に思い出させる」
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」

❖ "His holiness ~ "「同胞の神聖さは、彼が私と一つのものとして創造され、私自身とそっくりだと私に思い出させてくれます」。神の子は単一存在として創造されたのです。私と同胞は、本来同一なのです。


In him I find my Self, and in Your Son I find the memory of You as well.

  • find [fáind] : 「気付く、見いだす」
  • memory [méməri] : 「記憶、思い出」
  • as well : 「おまけに、その上」

❖ "In him I ~ "「同胞の中に、私は自分自身を見出します」。"and in Your ~ "「そして、あなたの子の中に、あなたの思い出を同時に見出します」。私も同胞も、神が創造した単一の神の子であると知るとき、神の愛を思い出すことが出来ます。



Lesson 336


Forgiveness lets me know that minds are joined.

  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し」
  • mind [máind] : 「心、精神」
  • join [dʒɔ́in] : 「結び付ける、結合する」

❖ "Forgiveness lets ~ "「赦しは私に、心はつながっていると知らしめてくれる」。幻想を赦して消滅させると、自分と同胞の心が一つであることに気づく。神の子は単一だと知ることになる。


1. Forgiveness is the means appointed for perception's ending. 

  • means [míːnz] : 「手段、方法」
  • appoint [əpɔ́int] : 「決める、指定する、定める」
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、認知、知見、見識」
  • ending [éndiŋ] : 「終わり、終了」

❖ "Forgiveness is ~ "「赦しは、知覚を終わらせるために決められた手段である」。肉体的な知覚は幻想を実在するものと錯覚させる装置である。赦しによって実相に目覚めれば、もはや肉体的な知覚は必要なくなる。


Knowledge is restored after perception first is changed, and then gives way entirely to what remains forever past its highest reach.

  • knowledge [nάlidʒ] : 「知識、知恵、知見」
  • restore [ristɔ́ːr] : 「回復させる、修復する」
  • give way to : 「~に取って代わられる、~に移行する」
  • entirely [entáiərli] : 「全く、完全に、全体に」
  • remain [riméin] : 「とどまる、残る」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
  • past [pǽst] : 「~のそばを通り越して」
  • high [hái] : 「高度の、高い」
  • reach [ríːtʃ] : 「手を伸ばすこと、届く範囲」

❖ "Knowledge is ~ "「まず初めに知覚が変わり、その後、もっとも高度に発達した知覚を超越して永遠にとどまるものへと移行した後で、叡智は復活する」。まず初めに、赦しによって肉体的な感覚器官による高度な知覚が消滅し、永遠に存在する実相的な知覚に変化した後、神の知恵、実相的な叡智が神の子に復活する。


For sights and sounds, at best, can serve but to recall the memory that lies beyond them all. 

  • sight [sáit] : 「視力、視覚、視界、景色」
  • sound [sáund] : 「音、響き」
  • at best : 「よくても、せいぜい」
  • serve [sə́ːrv] : 「〜に役立つ、〜に仕える」
  • recall [rikɔ́ːl] : 「思い出す、思い起こす」
  • lie [lái] : 「ある、横たわる、寝る」
  • beyond [bijάnd] : 「〜の向こうに、〜を越えて」

❖ "For sights ~ "「なぜなら、光景や音はせいぜい、あらゆる知覚を超えたところにある記憶を呼び起こすことにしか役立たないからだ」。光景や音を知覚することで幻想を実在すると錯覚させるのだが、高度に発達した研ぎ澄まされた知覚は幻想を超越して、実相の記憶をも想起させる。しかし、それさえも記憶をおぼろげに思い出すだけにとどまる。肉体的な知覚が赦しによって消滅するまでこれは続く。


Forgiveness sweeps away distortions, and opens the hidden altar to the truth. 

  • sweep [swíːp] : 「一掃する」
  • sweep away : 「洗い流す、払拭する」
  • distortion [distɔ́ːrʃən] : 「ゆがみ、ねじれ」
  • hidden [hídn] : 「hide の過去分詞形、隠された、秘密の」
  • altar [ɔ́ːltər] : 「祭壇、聖餐台」

❖ "Forgiveness sweeps ~ "「赦しは歪みを一掃し、真実へ向かう隠された祭壇を開く」。赦しは、幻想を実在するものと錯覚させる知覚の歪みを正し、心の奥に隠された神聖な祭壇に辿り着く時、実相世界の真実への扉が開かれる。


Its lilies shine into the mind, and call it to return and look within, to find what it has vainly sought without. 

  • lily [líli] : 「ユリ」
  • shine [ʃáin] : 「輝く、光る」
  • call for : 「〜に命じる、〜を要求する」
  • return [ritə́ːrn] : 「戻る、帰る」
  • within [wiðín] : 「内部で、内側に」
  • vainly [véinli] : 「無駄に、むなしく」
  • sought [sɔ́ːt] : 「seek の過去・過去分詞形」
  • without [wiðáut] : 「外で、外側に」

❖ "Its lilies shine ~ "「赦しのユリの花は心の中へと輝きを放ち、戻ってきて内側に目を向け、外に向かって探し求めたことは無駄だったと分かるようにと求める」。知覚が捉える外部世界は幻想なのだと認識し、それを優しく赦してやれば、白いユリの花のような真実の光が心の中に差してきて、本来の心の状態に戻るようにと促し、幻想世界の中に偽りの幸せや平和を求めることは無駄なのだと教えてくれる。


For here, and only here, is peace of mind restored, for this the dwelling place of God Himself.

  • dwell [dwél] : 「ある、宿る、存在する」
  • dwelling place : 「居所、住居」

❖ "For here, ~ "「なぜなら、ここ、ここにおいてだけ、心の平和が修復されるからであり、」"for this ~ "「ここだけが、神自身の平和が宿る場所だからだ」。


2. In quiet may forgiveness wipe away my dreams of separation and of sin. 

  • may : 「~でありますように」
  • quiet [kwáiət] : 「静けさ、静寂、静穏」
  • wipe [wáip] : 「〜を拭く、ぬぐう」
  • wipe away : 「〜を拭き取る、〜を取り除く」
  • separation [sèpəréiʃən] : 「分離、別離」

❖ "In quiet ~ "「静寂の中で、赦しが私の分離と罪という夢を拭い去ってくれますように」。分離と罪という幻想を赦しが消滅させてくださいますように。


Then let me, Father, look within, and find Your promise of my sinlessness is kept; Your Word remains unchanged within my mind, Your Love is still abiding in my heart.

  • promise [prάmis] : 「約束、約束したこと」
  • kept [képt] : 「keepの過去・過去分詞形」
  • remain [riméin] : 「とどまる、残る、生き残る」
  • unchanged [ʌntʃéindʒd] : 「変化していない、不変の」
  • abide [əbáid] : 「とどまる、居住する」

❖ "Then let me ~ "「その後、父なる神よ、私に心の内側を覗かせ、私が無辜(むこ)であるというあなたの約束が保たれていることを見つけ出させてください」。神が神の子を無辜として創造したままに、今でも私が無辜であることを心の中に見出すことが出来ますように。"Your Word ~ "「あなたの言葉は私の心の中で変わることなく居続けています」。"Your Love ~ "「あなたの愛は私の胸の内に今も住み続けています」。






W-pII.331.1:1 ~ W-pII.333.2:4


 Lesson 331


There is no conflict, for my will is Yours.

  • conflict [kɑ́nflikt] : 「衝突、対立、葛藤、軋轢」
  • will [wíl] : 「意志、意欲、願望」

❖ "There is no ~ "「私の意志はあなたの意志でもありますから、コンフリクトは存在しません」。神の意志と神の子の意志は同一であり、その意志に矛盾や葛藤はない。


1. How foolish, Father, to believe Your Son could cause himself to suffer! 

  • foolish [fúːliʃ] : 「愚かな、分別のない」
  • cause [kɔ́ːz] A to do : 「Aに〜させる」
  • suffer [sʌ́fər] : 「苦しむ、苦痛を感じる」

❖ "How foolish, ~ "「父なる神よ、あなたの子が自分を苦しめることが出来るなどと信じることは何と愚かなことでしょう」。自分を苦しめることは神の意志ではありませんし、だから自分の意志でもありません。


Could he make a plan for his damnation, and be left without a certain way to his release? 

  • damnation [dæmnéiʃən] : 「地獄に落とすこと、破滅」
  • left [léft] : 「leaveの過去・過去分詞形」
  • leave [líːv] : 「〜を残す、ある状態のままにしておく」
  • certain [sə́ːrtn] : 「確実な、確かな」
  • release [rilíːs] : 「救出、解放」

❖ "Could he make ~ "「神の子が自分の破滅を計画したり、救いのための確実な方法なしに自分を置き去りにすることなど可能でしょうか」。


You love me, Father. You could never leave me desolate, to die within a world of pain and cruelty. 

  • desolate [désələt] : 「荒れ果てた、わびしい」
  • within [wiðín] : 「内部で、〜の中で」
  • pain [péin] : 「痛み、苦痛」
  • cruelty [krúːəlti] : 「残酷さ、残酷な行為」

❖ "You love ~ "「父なる神よ、あなたは私を愛してくれます」。"You could ~ "「あなたは私を孤独なままに捨て置いて、痛みと残酷さの世界の中で死んでいくことを決して許しません」。神の愛は決して私を見捨てたりしません。苦と痛みの世界から神の子を救い出すことは神の意志です。


How could I think that Love has left Itself? There is no will except the Will of Love. 

  • except [iksépt] : 「ただし、除いて」

❖ "How could ~ "「愛が愛自身を捨て置くことなど、どうして私は考え得るでしょう」。神の愛は神の子の愛を捨ててしまうことはありません。"There is no ~ "「愛の意志を除いて、意志などありません」。神の意志は愛であり、愛こそが意志であります。


Fear is a dream, and has no will that can conflict with Yours. Conflict is sleep, and peace awakening. 

  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖」
  • conflict [kənflíkt] : 「対立する、矛盾する」
  • awaken [əwéikən] : 「目覚める」

❖ "Fear is ~ "「恐れは幻想に過ぎませんし、恐れはあなたの意志に刃向かうことの出来る意志などもっていません」。幻想が実相を打ち負かすことは原理的に不可能です。"Conflict is ~ "「コンフリクトは眠りであり、平和は目が覚めることです」。


Death is illusion; life, eternal truth. There is no opposition to Your Will. There is no conflict, for my will is Yours.

  • death [déθ] : 「死、死亡」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • eternal [itə́ːrnl] : 「永遠の、不変の、永久の」
  • opposition [ὰpəzíʃən] : 「反対、敵対、対立」

❖ "Death is ~ "「死は幻想であり、命は永遠の真実です」。"There is no ~ "「あなたの意志に対立するものは何もありません」。"There is no ~ "「私の意志はあなたの意志でもありますから、コンフリクトなど一切ありません」。


2. Forgiveness shows us that God's Will is One, and that we share it. 

  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し」
  • share [ʃέər] : 「分かち合う、共有する」

❖ "Forgiveness shows ~ "「赦しは、神の意志が一つであり、私達はそれを分かち合っていることを示している」。この世の幻想性を認識し、その夢を赦して手放してしまえば、幻想世界は消滅し、実相の意志は神の意志一つしか存在しないことが分かってくる。神の子は、その一つの意志を同胞と分かち合っている。


Let us look upon the holy sights forgiveness shows today, that we may find the peace of God. Amen.

  • look upon : 「〜を見る」
  • sight [sáit] : 「視野、視界、景色、眺め」

❖ "Let us look ~ "「今日、赦しが見せてくれる神聖な光景を見させて欲しい」。幻想を赦して消滅させ、神聖な実相が立ち上がってくる光景を是非とも目にしたい。"that we ~ "「そうすれば、私達は神の平和を見出すことが出来るだろう」。"Amen."「アーメン」。



Lesson 332


Fear binds the world. Forgiveness sets it free.

  • bind [báind] : 「〜を束縛する、拘束する」
  • set ~ free : 「〜を解放する」

❖ "Fear binds ~ "「恐れが世界を縛る」。"Forgiveness ~ "「赦しが世界を開放する」。恐れは人々をこの幻想世界に縛りつけ、その幻想性を見抜いて赦せば、人は実相世界へと解放される。


1. The ego makes illusions. Truth undoes its evil dreams by shining them away. Truth never makes attack. It merely is. 

  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • undo [ʌndú] : 「元どおりにする、取り消す」
  • evil [íːvəl] : 「邪悪な、悪意ある」
  • shine [ʃáin] : 「〜を磨く、〜を光らせる」
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、暴行、襲撃」
  • make an attack : 「攻撃する、攻撃を加える」
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」

❖ "The ego ~ "「エゴは幻想をでっち上げる」。"Truth undoes ~ "「真実は、その邪悪な夢を光で吹き飛ばして取り消しにする」。"Truth never ~ "「真実は決して攻撃しない」。"It merely ~ "「真実はただあるのみ」。実相は真実の総体であって、永遠にそこにあって輝いている。真実は幻想と戦うことなく、幻想の闇を光で払拭するだけだ。


And by its presence is the mind recalled from fantasies, awaking to the real. 

  • presence [prézns] : 「存在すること、存在」
  • recall [rikɔ́ːl] : 「思い出す、思い起こす」
  • fantasy [fǽntəsi] : 「空想、妄想、幻覚」
  • awaken [əwéikən] : 「目を覚まさせる、呼び起こす」
  • awaken to : 「〜に気付く」

❖ "And by its ~ "「そして、真実が存在することで、心は妄想から呼び戻され、現実に目覚める」。真実が、心を悪夢から実相の現実へと目覚めさせる。


Forgiveness bids this presence enter in, and take its rightful place within the mind. 

  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し」
  • bid [bíd] : 「命じる、指示する、勧誘する」
  • enter [énter] : 「〜に入る、〜に立ち入る」
  • rightful [ráitfəl] : 「正当な、合法的な、当然な」
  • place [pléis] : 「場所、個所」
  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜の内側に」

❖ "Forgiveness ~ "「赦しは、この真実の存在を引き込み、心の内の正当な場所を占めるようにと勧める」。闇の幻想性を見抜いて赦してやれば闇は消滅し、同時に真実は心の中に引き入れられて、心の奥底の実相領域に居場所を与えられる。


Without forgiveness is the mind in chains, believing in its own futility. 

  • chain [tʃéin] : 「鎖、チェーン」
  • believe [bilíːv] : 「信じる、確信する」
  • futility [fjuːtíləti] : 「無益であること」

❖ "Without forgiveness ~ "「赦しがなければ、心は鎖につながれたままになり、心自体の無益さを信じてしまう」。赦しの過程を経ることがなければ、心は悪夢に立ち向かう力もなく、無力なものだと信じてしまう。結果、幻想世界の束縛から解放されることはない。


Yet with forgiveness does the light shine through the dream of darkness, offering it hope, and giving it the means to realize the freedom that is its inheritance.

  • shine [ʃáin] : 「輝く、光る」
  • through [θrúː] : 「〜を通り抜けて、〜を貫いて 」
  • darkness [dάːrknis] : 「暗がり、暗闇」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、〜を提供する」
  • means [míːnz] : 「手段、方法」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付、自覚する」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放」
  • inheritance [inhérətəns] : 「受け継いだもの」

❖ "Yet with ~ "「しかし赦しをもってすれば、光は闇の夢を貫いて輝き、心に希望を与え、心が継承した自由に気づくための手段を心に与えてくれる」。あらゆる真実は神の子が神から継承した贈り物だ。実相は幻想に隠されているだけであって、赦しを通して幻想を消滅させれば、光り輝く実相は自然に見えてくる。


2. We would not bind the world again today. Fear holds it prisoner. 

  • bind [báind] : 「〜を束縛する、拘束する」
  • hold [hóuld] : 「維持する、保持する」
  • prisoner [prízənər] : 「囚人、捕虜」

❖ "We would ~ "「私達は今日、二度と世界を縛るようなことはしません」。"Fear holds ~ "「恐れは世界を囚人にしています」。恐れを利用して、エゴはこの世を幻想世界に変えています。


And yet Your Love has given us the means to set it free. Father, we would release it now. 

  • set free : 「自由の身とする、釈放する」
  • release [rilíːs] : 「解放する、自由にする」

❖ "And yet ~ "「しかし、あなたの愛は、世界を解放する方法を私達に与えてくれました」。幻想から実相へと目覚める方法を教えてくれました。その唯一の方法は赦しなのです。"Father, we ~ "「父なる神よ、今私達は世界を解放したいと思います」。


For as we offer freedom, it is given us. And we would not remain as prisoners, while You are holding freedom out to us.

  • remain [riméin] : 「依然として〜のままである」
  • hold out : 「差し出す、提供する」

❖ "For as we ~ "「なぜなら、私達が自由を差し出すとき、自由は私達に与えられるからです」。実相では与えることと得ることは同じです。解放を求めて幻想を赦せば、解放はきっと与えられます。"And we would ~ "「そして、あなたが解放を私達に差し出してくれているというのに、私達は囚人のままでいたくありません」。



Lesson 333


Forgiveness ends the dream of conflict here.

  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し」
  • conflict [kɑ́nflikt] : 「衝突、対立、葛藤」

❖ "Forgiveness ends ~ "「赦しは、この世のコンフリクトの夢を終わらせる」。幻想世界は二元論の世界であり、二項対立が常だ。善と悪、争いと平和、愛と憎しみ、思いやりと嫉妬、生と死、等々のコンフリクトが人々の苦と痛みを生み出している。しかし、これらは幻想であって、赦しを通して消滅させることが出来る。


1. Conflict must be resolved. It cannot be evaded, set aside, denied, disguised, seen somewhere else, called by another name, or hidden by deceit of any kind, if it would be escaped. 

  • resolve [rizάlv] : 「解決する、解消する」
  • evade [ivéid] : 「〜を逃れる、避ける、回避する」
  • set aside : 「取っておく、確保する」
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、拒む、拒絶する」
  • somewhere else : 「ほかで、よそで」
  • disguise [disɡáiz] : 「隠す、偽る、隠蔽する」
  • call [kɔ́ːl] : 「〜と名づける、呼ぶ、称する」
  • another [ənʌ́ðər] : 「もう一つの、別の、ほかの」
  • hidden [hídn] : 「hide の過去分詞形」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する」
  • deceit [disíːt] : 「だますこと、偽り」
  • of any kind : 「いかなる種類の」
  • escape [iskéip] : 「避ける、免れる」

❖ "Conflict must ~ "「コンフリクトは解消されなければならない」。コンフリクトは赦しによって消滅させなければならない。"It cannot ~ "「それから逃れようとしても、避けることも脇に置いておくことも、否定や隠蔽することも、目をそらすことも、別の名前で呼ぶことも、どんな騙(だま)しで隠すことも出来ない」。幻想そのものを消滅させる以外に、この世の苦と痛みを生み出すコンフリクトは消えることはない。


It must be seen exactly as it is, where it is thought to be, in the reality which has been given it, and with the purpose that the mind accorded it. 

  • exactly [iɡzǽktli] : 「正確に、厳密に」
  • thought [θɔ́ːt] : 「thinkの過去・過去分詞形」
  • reality [riǽləti] : 「現実、実在」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、目標」
  • accord [əkɔ́ːrd] : 「与える、許容する」

❖ "It must be ~ "「コンフリクトは、ありのままに、あると思える場所に、コンフリクトに与えられた現実の中で、心がコンフリクトに与えた目的を踏まえて、正確に見なければならない」。コンフリクトを見て見ぬふりをすることなく、どこにコンフリクトを感じ、なぜコンフリクトを生み出し、心はコンフリクトによって何を求めているか、正確に認識しなくてはならない。幻想を幻想と認める必要がある。その上でコンフリクト生み出している幻想を赦し、消滅させるのだ。


For only then are its defenses lifted, and the truth can shine upon it as it disappears.

  • defense [diféns] : 「防衛、防御」
  • lift [líft] : 「解除する、取り除く」
  • shine [ʃáin] : 「輝く、光る」
  • disappear [dìsəpíər] : 「存在しなくなる、消滅する」

❖ "For only then ~ "「なぜなら、そうすることでのみ、コンフリクトの防御態勢は解除され、それが消滅するにしたがって真実がその上に輝き出すからだ」。コンフリクトだらけのこの世界だけが実在する現実だと主張して、エゴは強く自己を防御する。しかし、この世の幻想性を正確に見ることによってエゴの防御態勢は崩れ、赦しによって幻想が消滅するにしたがって、真実が実相世界を照らし出す。幻想のエゴは消滅する。


2. Father, forgiveness is the light You chose to shine away all conflict and all doubt, and light the way for our return to You. 

  • chose [tʃóuz] : 「chooseの過去形」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • shine : 「光らせる」
  • doubt [dáut] : 「疑い、疑念、疑惑」
  • return [ritə́ːrn] : 「回帰、帰還」

❖ "Father, forgiveness ~ "「父なる神よ、赦しは、すべてのコンフリクトや疑い、そしてあなたの下(もと)へ私達を回帰させる道を照らし出すためにあなたが選んでくれた光です」。幻想を認識し、実相へと目覚めるために神が用意してくれた方法が赦しなのです。


No light but this can end our evil dream. No light but this can save the world. 

  • evil [íːvəl] : 「悪魔のような、邪悪な」
  • save [séiv] : 「救う、助ける」

❖ "No light but ~ "「この光だけが私達の邪悪な夢を終わらせることが出来ます」。"No light ~ "「この光だけが世界を救うことが出来ます」。


For this alone will never fail in anything, being Your gift to Your beloved Son.

  • alone [əlóun] : 「独りで、独力で、単独で」
  • fail in : 「〜に失敗する、不足している」
  • beloved [bilʌ́vd] : 「最愛の、愛される」

❖ "For this alone ~ "「なぜなら、これだけは何事においても失敗することがないからです」。"being Your ~ "「それはあなたの愛する子への贈り物なのですから」。







Archive

Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

アクセスカウンター
Powered by Blogger.