●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



W-pII.What is the Christ? 1:1 ~ 5:3


What is the Christ?
キリストとは何か




1. Christ is God's Son as He created Him. He is the Self we share, uniting us with one another, and with God as well. 
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
  • share [ʃέər] : 「分かち合う、共有する」
  • unite [junáit] : 「結合する、合体させる」
  • one another [another] : 「お互い」
  • as well : 「同じに、その上」
❖ "Christ is ~ "「キリストは、神が創造したままの神の子である」。神は愛の延長上に、神とそっくりな神の子を創造した。キリストという呼び名は、神の子が担った役割から見たときの神の子の別名だと思っていい。神の子の属性の一つがキリストである。"He is the ~ "「キリストは、私達が分かち合っている本当の自分であり、神に私達を結びつけていると同時に、私達を互いに結びつけている」。この世でばらばらに分裂しているように見える神の子達は、キリストという属性を通して一つであり、それが神が私達に与えた属性である限り、私達は神と分離などしていない。



He is the Thought which still abides within the Mind that is His Source. 
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考」
  • abide [əbáid] : 「とどまる、居住する」
  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜の内側に」
  • source [sɔ́ːrs] : 「もと、源」
❖ "He is the ~ "「キリストは、その源である心の内に今なおとどまる思いである」。キリストの源である心とは神の心であり、神の愛だ。キリストは神から分離することなく、その愛に包まれながら思いをはせる。神から分離したという夢を見ている神の子達への思いである。



He has not left His holy home, nor lost the innocence in which He was created. He abides unchanged forever in the Mind of God.
  • left [léft] : 「leaveの過去・過去分詞形」
  • leave [líːv] : 「〜から離れる、〜と別れる」
  • lost [lɔ́st] : 「loseの過去・過去分詞形」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、なくす」
  • innocence [ínəsəns] : 「無罪、潔白、無垢」
  • unchanged [ʌntʃéindʒd] : 「不変の、変わらない」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
❖ "He has not ~ "「キリストは神聖な故郷を離れたことはなく、キリストが創造されたときの無辜性も失ってはいない」。キリストは幻想に過ぎない罪という意識を持つことはない。完全な無辜としてキリストは存在する。



2. Christ is the link that keeps you one with God, and guarantees that separation is no more than an illusion of despair, for hope forever will abide in Him. 
  • link [líŋk] : 「結び付けるもの、関連性、輪」
  • guarantee [gæ̀rəntíː] : 「保証する、請け合う」
  • separation [sèpəréiʃən] : 「分離、別離、離脱」
  • no more than : 「ただの〜にすぎない、たかが〜」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • despair [dispέər] : 「絶望、失望」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
❖ "Christ is ~ "「キリストは、あなたを神と一つに結び続けるリンクであり、」"and guarantees ~ "「分離はたかが絶望という幻想に過ぎないと保証している」。"for hope ~ "「なぜなら、希望は永遠にキリストの中に生き続けているからだ」。キリスト(ホーリー・スピリット)は神が神の子に遣わした救いの使者である。神の子が神から分離したという幻想をどんなに強く抱いていたとしても、キリストは常に神の子を神と一体に結びつけている。苦と痛みに満ちた絶望的な幻想世界にあっても、キリストは神の子に永遠に希望を与え続けている。



Your mind is part of His, and His of yours. He is the part in which God's Answer lies; where all decisions are already made, and dreams are over. 
  • part [pάːrt] : 「一部、部分」
  • answer [ǽnsər] : 「答え、返事」
  • lie [lái] : 「ある、存在する」
  • decision [disíʒən] : 「決定、決断」
  • already [ɔːlrédi] : 「すでに、とっくに〜済み」
❖ "Your mind ~ "「あなたの心はキリストの一部であり、キリストの心もまたあなたの一部である」。キリスト(ホーリー・スピリット)は、神の子の心の中で最も神聖な部分に住まっており、キリストこそが本当の神の子姿である。神の子がホーリー・スピリットから分離して存在していると思っているのは夢(幻想)に過ぎない。"He is the ~ "「キリストは、神の答えが存在する部分である」。ホーリー・スピリットは神が神の子に遣わした使者であり、神の意志のすべてを神の子に伝える。"where all ~ "「そこでは、あらゆる決定はすでになされており、夢は終わっている」。ホーリー・スピリットは、いわば仮の姿でこの幻想世界に現れているようなもので、本来は無時間無空間の実相世界の存在だ。時空間の存在する幻想世界から見れば、実相世界ではあらゆる事が一瞬にして起き、その一瞬が永遠に続いているように見える。そう表現するしかない。神の子がこの世で見ている夢(幻想)は、実相的に言えばすでに終わっている。幻想世界において、あたかも時間軸にそってすでに見た夢を追体験しているようなものだ。夢を記録したビデオを再生しているわけだ。



He remains untouched by anything the body's eyes perceive. 
  • remain [riméin] : 「依然として〜のままである」
  • untouched [ʌ̀ntʌ́tʃt] : 「手付かずの、影響されない」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く」
❖ "He remains ~ "「キリストは、肉体的な目が知覚する何物にも影響されずに存在する」。キリストは、どんな幻想にも惑わされることはない。



For though in Him His Father placed the means for your salvation, yet does He remain the Self Who, like His Father, knows no sin.
  • though [ðóu] : 「〜だけれども」
  • place [pléis] : 「〜を置く、設置する」
  • means [míːnz] : 「手段、方法」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い」
  • sin [sín] : 「罪、罪悪」
❖ "For though ~ "「なぜなら、神はキリストの中にあなたの救いのための手段を置いたとは言え、キリストは、キリストの父と同様に、いかなる罪も知らない本当の自分として存在し続けるからだ」。神は幻想と一切の関わりを持たない。そこで神は、幻想世界に陥った神の子を救うために、幻想世界と関わりをもつことの出来るホーリー・スピリットを神の子の下(もと)へ遣わした。幻想世界と関わりを持つことが出来るとは言え、実相世界に存在するキリスト(ホーリー・スピリット)は完璧に無辜(むこ)である。



3. Home of the Holy Spirit, and at home in God alone, does Christ remain at peace within the Heaven of your holy mind. 
  • alone [əlóun] : 「独りで、単独で」
❖ "Home of ~ "「ホーリー・スピリットの故郷、唯一神の家の中にあって、キリストは、あなたの心の、天の王国のうちに平和に暮らす」。天の王国は実相世界の神の家だ。ホーリー・スピリットはそもそも神とともに暮らしていたが、神の意志によって幻想世界であるこの地上に遣わされた。苦と痛みの幻想に苛(さいな)まれる神の子を救うという役割を担ったのだ。救いという役割から見たとき、ホーリー・スピリットはキリストと言われる。そのキリストはすべての神の子の心の奥底に住み、そこは天の王国と同様に神聖で純粋な場所である。神の祭壇が祭られている聖域だ。



This is the only part of you that has reality in truth. The rest is dreams. 
  • reality [riǽləti] : 「現実、実在」
  • in truth : 「実のところ、実際には」
  • rest [rést] : 「残り、残りの部分」
❖ "This is the ~ "「ここだけが、実相性を実際にもっているあなたの部分である」。"The rest is ~ "「残りは夢だ」。心の大半は幻想世界の支配者と言うべきエゴに支配しされている。しかし、心の奥底の小さな領域、神の祭壇が祭られている部分だけは幻想に犯されることなく、天の王国と同様の実相を保っている。そこにキリスト(ホーリー・スピリット)が住まっている。



Yet will these dreams be given unto Christ, to fade before His glory and reveal your holy Self, the Christ, to you at last.
  • given [ɡívən] : 「giveの過去分詞形」
  • fade [féid] : 「薄くなる、消えていく」
  • glory [ɡlɔ́ːri] : 「栄光、荘厳」
  • reveal [rivíːl] : 「明らかにする、啓示する」
  • at last : 「ついに、とうとう」
❖ "Yet will these ~ "「しかし、これらの夢はキリストへ与えられ、キリストの栄光の前で消え去り、神聖なあなた自身、すなわちキリストがついにあなたに明かされる」。神の子が幻想を幻想として認め、幻想を手放して赦すとき、それを受け取ったキリストは幻想を消滅させる。キリストのもつ実相的な栄光がエゴの闇を払拭してしまうのだ。こうして神の子は本当の自分自身を目の当たりにする。それは紛れもなくキリスト自身であり、神に愛されるホーリー・スピリットである。キリストもホーリー・スピリットも、そして神の子も、実は一つの存在なのだと知る。神が創造した、たった一つの命である。



4. The Holy Spirit reaches from the Christ in you to all your dreams, and bids them come to Him, to be translated into truth. 
  • reach [ríːtʃ] : 「達する、至る、手が届く」
  • bid [bíd] : 「命じる、指示する」
  • translate [trænsléit] : 「変換する、転換する」
❖ "The Holy Spirit ~ "意訳する、「ホーリー・スピリットはあなたの中のキリストを通してあなたの夢のすべてへ到達し、それを真実に変えてしまうために、ホーリー・スピリットの下(もと)へもたらされるようにと命ずる」。キリストはあなたの心の中にあって、あなたが目覚めるべき幻想のすべてを知っている。神の意志を代弁するホーリー・スピリットは、キリストを通じてあなたの幻想のすべてを引き取り、それを真実に変える。そのためには、あなたがキリストの力を借りて幻想のすべてを赦さなくてはならない。



He will exchange them for the final dream which God appointed as the end of dreams. 
  • exchange [ikstʃéindʒ] : 「〜を交換する」
  • final [fáinl] : 「最後の、最終の」
  • appoint [əpɔ́int] : 「決める、定める」
❖ "He will exchange ~ "「ホーリー・スピリットは、神が夢の終わりに定めた最後の夢へと、幻想のすべてを変えてしまう」。キリストとして、この幻想世界に生きる最後の役割だ。幻想を赦して消滅させるための最後の工程である。最後の学びだ。母親(ホーリー・スピリット)が、悪夢を見ていた我が子(神の子)を優しく目覚めさせる場面を想像すればいい。子は、夢ともうつつともつかないまどろみの中で、母に抱かれながら静かに目覚めていく。これが最後の夢だ。「なあんだ、夢だったんだ」と言って、夢を赦し、夢から完全に覚めていくのだ。



For when forgiveness rests upon the world and peace has come to every Son of God, what could there be to keep things separate, for what remains to see except Christ's face?
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し」
  • rest [rést] on : 「〜に基礎を置く、〜にある」
  • keep [kíːp] : 「保つ、〜の状態にしておく」
  • separate [sépərət] : 「分離した、別々になった」
  • remain to do : 「依然として〜する」
  • except [iksépt] : 「ただし、除いて」
❖ "For when ~ "「なぜなら、赦しが世界をおおい、平和がすべての神の子にやって来る時、物を分離したままにするために、いったい何が存在し得るだろうか」。"for what remains ~ "「キリストの顔しか見えないというのに」。キリストの顔とは真実の姿だ。赦しが世界に広まり、幻想が消滅すれば、神の子に平和が訪れる。分離という悪夢も消える。目にするのは真実のみだ。



5. And how long will this holy face be seen, when it is but the symbol that the time for learning now is over, and the goal of the Atonement has been reached at last? 
  • symbol [símbəl] : 「象徴、シンボル」
  • learning [lə́ːrniŋ] : 「学ぶこと、学習」
  • over [óuvər] : 「を過ぎて、が終わって」
  • goal [ɡóul] : 「目標、目的」
  • atonement [ətóunmənt] : 「償い、贖罪」
  • reach [ríːtʃ] : 「達する、至る」
❖ "And how long ~ "「この神聖な顔はいつまで見続けられるのか」。キリストの顔をいつまで見続ける必要があるのか。"when it is ~ "「キリストの顔は、学びの時が今や終わり、ついに贖罪という目的に到達したというシンボルに過ぎないというのに」。キリストはこの幻想世界から神の子を救う役割を担ったホーリー・スピリットの象徴である。夢から目覚めるための学びの時が終わり、幻想を赦すという贖罪の時に達した今、キリストの顔を忘れていいだろうか? キリストとは神の子の本当の姿だ。だから、決してキリストの顔を見失ってはいけない。



So therefore let us seek to find Christ's face and look on nothing else. 
  • therefore [ðέərfɔ̀ːr] : 「それ故に、だから」
  • seek [síːk] : 「探し求める、捜し出す」
  • look on : 「〜を見る」
❖ "So therefore ~ "「だからこそ、キリストの顔を探し求め、その他には目もくれないことにしよう」。本当の自分の姿、その真実だけを探し求め、幻想に惑わされてはいけない。



As we behold His glory, will we know we have no need of learning or perception or of time, or anything except the holy Self, the Christ Whom God created as His Son.
  • behold [bihóuld] : 「見守る、注視する」
  • need [níːd] : 「必要、必要性」
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、認知、知見」
  • except [iksépt] : 「ただし、除いて」
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
❖ "As we behold ~ "「私達がキリストの栄光を見ているうちに、神が神の子として創造したキリスト、すなわち神聖な自分自身を除いて、学びや知覚や時間など私達は何も必要ないのだと知るだろう」。知覚も時間も幻想世界の産物であって、実相には必要ない。また、幻想世界から救われるための学びも、幻想から目覚めれば必要なくなる。幻想が消滅した後に残るものは、神聖な神の子自身そのものであり、それは神が創造した唯一の命である。神の子は、自分がキリストでありホーリー・スピリットであることを知る。






Archive

Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.