●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



Lesson 269



My sight goes forth to look upon Christ's face.
  • sight [sáit] : 「視力、視覚、視野、視界」
  • forth [fɔ́ːrθ] : 「前へ、先へ」
  • go forth : 「出て行く、出発する、現れる」
  • look upon : 「〜を見る」
❖ "My sight ~ "「私の視覚は、キリストの顔を見ようとし始める」。肉体的な知覚は幻想世界をリアルなものだと錯覚させて私達を騙しているが、その知覚が変容して実在する真実を捉える視覚へと変わるとき、私達は実相世界(キリストの顔)を見始める。



1. I ask Your blessing on my sight today. It is the means which You have chosen to become the way to show me my mistakes, and look beyond them. 
  • blessing [blésiŋ] : 「祝福、恩恵」
  • means [míːnz] : 「手段、方法」
  • chosen [tʃóuzn] : 「chooseの過去分詞形」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • mistake [mistéik] : 「誤り、過ち」
  • beyond [bijάnd] : 「〜の向こうに、〜を越えて」
❖ "I ask Your ~ "「私は今日、私の視覚をあなたが祝福してくれるように願います」。私の肉体的な知覚が実相的なヴィジョンを捉える視覚に変わることを祝福してもらいたい。"It is the means ~ "「それは、私に私の誤りを示し、その誤りを越えて見抜く方法になるようにとあなたが選んでくれた手段です」。肉体的な知覚は、存在しないものをあたかも存在しているかのように錯覚させ、嘘をつく。新しいヴィジョンはその誤りを正し、誤りの向こうに実在する実相世界を見せてくれる。その実相的なヴィジョンを捉える視覚は、私に絶対必要なものだとして神が選んでくれたものだ。真実を見抜く手段である。



It is given me to find a new perception through the Guide You gave to me, and through His lessons to surpass perception and return to truth. 
  • given [ɡívən] : 「giveの過去分詞形」
  • find [fáind] : 「発見する、見いだす」
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、知見、見識」
  • through [θrúː] : 「〜を通じて」
  • guide [ɡáid] : 「指導者、案内人」
  • surpass [sərpǽs] : 「〜を上回る、超える」
  • return [ritə́ːrn] : 「戻る、帰る」
❖ "It is given ~ "「それは、あなたが私に遣わしてくれた導き手を通して、そして、知覚を超越し真実へと回帰するためのホーリー・スピリットの教えを通して、新しい知覚を見出すようにと私に与えられました」。新しい知覚であるヴィジョンを捉える視覚は、神が遣わしてくれた私の道案内役であるホーリー・スピリットを通して私に与えられたものであり、私はそれを見つけ出し、そのヴィジョンを得ることで、私は肉体的な知覚を超越し、実相的な真実を捉えるとが出来る。



I ask for the illusion which transcends all those I made. 
  • ask for : 「〜を求める、〜を要求する」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • transcend [trænsénd] : 「超える、〜を超越する」
❖ "I ask for ~ "「私がでっち上げたすべての幻想を超越する幻想を、私は求めます」。肉体的な知覚がでっち上げた幻想を超越して、幻想を否定した幻想、すなわち実相を、私は求めます。



Today I choose to see a world forgiven, in which everyone shows me the face of Christ, and teaches me that what I look upon belongs to me; that nothing is, except Your holy Son.
  • forgiven [fərɡívn] : 「forgiveの過去分詞」
  • forgive [fərɡív] : 「許す、容赦する」
  • belong to : 「〜に属する、〜の所有である」
❖ "Today I ~ "「今日私は、世界が赦されるのを目にすることを選びます」。この世界が幻想であることを認識し、その事実を受け入れ、受け流して赦してしまう。赦された幻想世界は消滅し、実相世界が立ち上がってくる。"in which ~ "「赦された世界では、すべての人たちが私にキリストの顔を見せてくれ、私が目にするものは私に属しているのだと教えてくれます」。赦されて消滅した世界は真実で満たされた実相世界に変わり、それまで他人だと思っていた同胞達は、実は自分と同じキリスト(ホーリー・スピリット)の顔をもった神の子だと知ることになる。同胞達は互いに自他一如であり、私が目にすることと彼らが目にすることは同一である。"that nothing ~ "「あなたの聖なる神の子以外に、何も存在しないのです」。実相世界にあっては、神の子は単一の存在だ。



2. Today our sight is blessed indeed. We share one vision, as we look upon the face of Him Whose Self is ours. 
  • bless [blés] : 「〜を祝福する、清める」
  • indeed [indíːd] : 「実に、本当に、確かに」
  • share in : 「〜を分かち合う」
  • vision [víʒən] : 「洞察力、視覚、視力」
❖ "Today our ~ "「今日、私たちの視覚は本当に祝福される」。肉体的な知覚が捉えた光景は実相的なヴィジョンに変わり、きっと神はそれを祝福してくれる。"We share ~ "「本当の自分自身でもあるキリストの顔を見るとき、私たちはたった一つのヴィジョンを分かち合う」。私たちは単一の存在であり、神聖な神の子として、すべて単一のキリストの顔をもっている。そういう真実のヴィジョンを、単一の神の子は、いわば分かち合っている。



We are one because of Him Who is the Son of God; of Him Who is our own Identity.
  • because of : 「〜のために、〜のせいで」
  • identity [aidéntəti] : 「正体、アイデンティティー」
❖ "We are one ~ "「神の子であるキリストゆえに、つまり、私たち自身のアイデンティティであるキリストゆえに、私たちは一つなのだ」。同じキリストの顔をした私たちは、それゆえに単一の存在だ。神が創造した単一の神の子である。




Lesson 270



I will not use the body's eyes today.
  • use [juːz] : 「使う、利用する、働かせる」
❖ "I will not ~ "「今日私は、肉体的な目は使うまい」。肉体的な目を使わずに、ヴィジョンを得るために心の目を使う。幻想に惑わされることなく、真実の実相を目撃する。



1. Father, Christ's vision is Your gift to me, and it has power to translate all that the body's eyes behold into the sight of a forgiven world. 
  • translate [trænsléit] : 「翻訳する、置き換える」
  • behold [bihóuld] : 「見守る、注視する」
  • sight [sáit] : 「視力、視覚、視野、視界」
  • forgiven [fərɡívn] : 「forgiveの過去分詞」
❖ "Father, Christ's ~ "「父なる神よ、キリストのヴィジョンはあなたから私への贈り物です」。"and it has ~ "「そしてそれは、肉体的な目が捉えたもののすべてを赦された世界の光景へと置き換える力を持っています」。キリストのヴィジョンは、肉体的な知覚が捉えた幻想を、その幻想が赦されて消滅した後に見えてくる実相世界の光景へと変換する。実在する真実が見えてくる。



How glorious and gracious is this world! Yet how much more will I perceive in it than sight can give. 
  • glorious [ɡlɔ́ːriəs] : 「壮大な、壮麗な」
  • gracious [ɡréiʃəs] : 「優雅な、上品な」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く」
❖ "How glorious ~ "「この世界の、何と壮大で優雅なことでしょう」。実相世界は神の世界であり、壮大で優雅な天の王国である。"Yet how  ~ "「さらに、視覚が与えるものよりも何と多くのものを私は知覚できるのでしょう」。幻想によって隠されていた真実がすべて目の前に展開する。



The world forgiven signifies Your Son acknowledges his Father, lets his dreams be brought to truth, and waits expectantly the one remaining instant more of time which ends forever, as Your memory returns to him. 
  • signify [sígnəfài] : 「〜を示す、表す」
  • acknowledge [æknάlidʒ] : 「認める、受け入れる」
  • brought [brɔ́ːt] : 「bringの過去・過去分詞形」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜をもたらす」
  • wait [wéit] : 「待つ」
  • expectantly [ikspéktəntli] : 「期待して」
  • remaining [riméiniŋ] : 「残りの、残っている」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
  • memory [méməri] : 「記憶、思い出」
  • return [ritə́ːrn] : 「戻る、帰る」
❖ "The world ~ "「赦された世界は神の子が父を受け入れたことを示しています」。実相世界をヴィジョンとして捉えることが出来たのだから、それは神の子が神の存在を受け入れたことを示している。"lets his dreams ~ "「それは、神の子の夢を真実へともたらし、」赦された世界は、深い眠りの中で見ている夢(幻想)をかき消して、現実の真実を開示し、"and waits ~ "「そして、赦された世界は、あなたの記憶が戻るにしたがい、永遠に終わる時間の、あとほんの少し残った瞬間を待っている」。幻想世界が赦されて消滅するとき、幻想に過ぎない時間も同時に消滅する。今、赦された世界(実相世界)が出現する瞬間、残された時間はわずかだ。もうすぐ、永遠の世界が展開する。



And now his will is one with Yours. His function now is but Your Own, and every thought except Your Own is gone.
  • will [wíl] : 「意志、意欲」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、役割」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考」
  • except [iksépt] : 「〜を除いて、〜以外に」
  • gone : 「過ぎ去った、いなくなった」
❖ "And now ~ "「そして今、神の子の意志はあなたの意志と一つです」。"His function ~ "「神の子の役割はあなた自身の役割と一つです」。"and every ~ "「そして、あなた自身の思いを除いて、すべての思いは消え去ってしまいます」。神と神の子の意志も役割も思いも、今や融合して一つとなった。



2. The quiet of today will bless our hearts, and through them peace will come to everyone. Christ is our eyes today. 
  • quiet [kwáiət] : 「静かな、平穏な、穏やかな」
  • bless [blés] : 「〜を祝福する、清める」
❖ "The quiet ~ "「今日の静けさは私たちの心を祝福し、その静けさを通して、すべての人たちに平和が訪れる」。実相的静寂が私達の心に平和を与えてくれる。"Christ is ~ "「キリストは、今日、私達の目となる」。私達はキリストの目を獲得する。ヴィジョンが見えてくる。



And through His sight we offer healing to the world through Him, the holy Son whom God created whole; the holy Son whom God created One.
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる」
  • healing [híːliŋ] : 「癒やし、治療」
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
  • whole [hóul] : 「欠けたものがない」
❖ "And through ~ "意訳する、「そして、キリストの目で世界を見ながら、私達はキリストを介して世界へヒーリングを差し出す」。実相的なヴィジョンを心に描きながら、救い主としての神の子を自覚して、私達は世界を幻想から救うという役割を実行する。"the holy Son ~ "「神聖な神の子は神が完璧な形に創造したのであり、単一の神の子として創造したのだ」。神は神の子を、神とそっくりに、完全な形で創造した。単一の形で創造したのだ。多数に分裂した形に見えるのはこの幻想世界にあるからであって、それは錯覚に過ぎない。





Archive

Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.