A Course in Miracles - WorkBook

●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



W-pII.345.1:1 b ~ W-pII.347.2:2

 

Lesson 345


I offer only miracles today,

For I would have them be returned to me.

  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる」
  • miracle [mírəkl] : 「奇跡」
  • return [ritə́ːrn] : 「〜を返す、戻す」

❖ "I offer only ~ "「今日は奇跡だけを差し出そう」。"For I would ~ "「なぜなら、奇跡を私に返してもらいたいからだ」。実相的に与えることと得ることは同じ。奇跡を同胞に与えれば、同胞は奇跡をこちらに返てくれる。奇跡を実相的に分かち合うのである。


1. Father, a miracle reflects Your gifts to me, Your Son. 

  • reflect [riflékt] : 「〜を映す、示す、反映する」

❖ "Father, a miracle ~ "「父なる神よ、奇跡はあなたの子である私への贈り物を反映しています」。あなたは神の子である私に奇跡を贈り物として与えてくれます。


And every one I give returns to me, reminding me the law of love is universal. 

  • return [ritə́ːrn] : 「戻る、帰る、返還する」
  • remind [rimáind] : 「〜に思い出させる」
  • law [lɔ́ː] : 「法、法律」
  • universal [jùːnəvə́ːrsl] : 「全宇宙の、普遍的な」

❖ "And every ~ "「そして、私が与えるものは一つ一つ私に返されます」。"reminding me ~ "「それは私に、愛の法則は普遍的であることを思い出させてくれます」。実相世界ではもちろん、この幻想世界にあっても、愛の法則は、その愛が真実である限り、正しく成立します。愛は奪うものではなく、また与えるだけのものでもなく、分かち合われるものなのです。


Even here, it takes a form which can be recognized and seen to work. 

  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、現れ、姿」
  • recognize [rékəɡnàiz] : 「〜を認識する、受け入れる」

❖ "Even here ~ "「ここでさえも、愛は、認識され機能しているのが見てわかる形をとっています」。この世界にあっても、愛は単なる概念にとどまることなく、感じられ、認識され、あるいは目に見える形でとらえることが出来ます。


The miracles I give are given back in just the form I need to help me with the problems I perceive. 

  • give back : 「返す」
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、姿」
  • problem [prάbləm] : 「問題、困難な状況」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く」

❖ "The miracles ~ "「私が与える奇跡は、私が感じる問題を解決するのに必要な助けとして丁度いい形で返してもらえます」。奇跡は真実なので、与えることと得ることは同一です。返された奇跡によって問題の解決につなげることが出来ます。


Father, in Heaven it is different, for there, there are no needs. 

  • different [dífərənt] : 「違っている、異なる」
  • need [níːd] : 「必要、必要性」

❖ "Father, in Heaven ~ "「父なる神よ、天の王国では、それは違います」。"for there ~ "「なぜなら、天の王国では何の必要もないからです」。天の王国では奇跡は必要ありません。奇跡を与えたり得たりする必要ないのです。奇跡はこの幻想世界だけに必要なものです。


But here on earth, the miracle is closer to Your gifts than any other gift that I can give. 

  • close [klóus] : 「近い、接近した」

❖ "But here ~ "「でも、この地上にあっては、奇跡は私が与えることが出来る他の奇跡よりもあなたの贈り物に近いです」。私が与える奇跡はこの幻想世界における贈り物ですが、それが真実である限り、神の与えてくれる贈り物にかなり近いです。実相に目覚める奇跡なのです。


Then let me give this gift alone today, which, born of true forgiveness, lights the way that I must travel to remember You.

  • alone [əlóun] : 「もっぱら、〜だけに」
  • be born of : 「〜から生まれる」
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し」
  • light [láit] : 「〜を明るくする、〜を照らす」

❖ "Then let me ~ "「そこで今日、この奇跡だけを与えることにしよう」。"which, born ~ "「それは本当の赦しから生まれ、あなたを思い出すために私が旅をしなくてはならない道を照らしてくれます」。幻想を赦すことで幻想は消滅し、実相が目の前に広がってくる奇跡が生まれます。神が私の父であることを思い出し、神への回帰の道を歩み出します。奇跡はその道を照らしてくれます。


2. Peace to all seeking hearts today. The light has come to offer miracles to bless the tired world. 

  • seek [síːk] : 「探し求める、捜し出す」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる」
  • bless [blés] : 「〜を祝福する、清める」
  • tired [táiərd] : 「疲れた」

❖ "Peace to~ "「今日、探し求める心すべてに平和が訪れますように」。"The light ~ "「疲れ果てた世界を祝福するために、光が奇跡を差しのべようとやって来る」。疲れ果てた世界は幻想であり、実相の光はそれを払いのけてくれる。闇に光が差し込んで来る。


It will find rest today, for we will offer what we have received.

  • find [fáind] : 「発見する、見いだす」
  • rest [rést] : 「休息、安らぎ」
  • receive [risíːv] : 「受け取る」

❖ "It will find ~ "「今日、世界は安らぎを見出す」。"for we will ~ "「なぜなら、私達は私達が受け取ったものを差し出すから」。私達は奇跡を受け取り、それを世界に差し出す。奇跡をこの世界で分かち合うことで、世界を幻想から救い出す。



Lesson 346


Today the peace of God envelops me,

And I forget all things except His Love.

  • envelop [énvəlòup] : 「〜を包む、くるむ」
  • forget [fərɡét] : 「〜を忘れる、〜を思い出せない」
  • except [iksépt] : 「ただし、除いて」

❖ "Today the ~ "「今日、神の平和が私を包み込み、神の愛以外は何もかも忘れてしまう」。神の愛の下(もと)、実相の真実だけに包み込まれて、心は限りなく平和だ。


1. Father, I wake today with miracles correcting my perception of all things. 

  • wake [wéik] : 「目が覚める、眼を覚ます」
  • correct [kərékt] : 「〜を訂正する、修正する」
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、認知、知見」

❖ "Father, I ~ "「父なる神よ、すべての物事に対する私の知覚を修正する奇跡とともに、私は今日目覚めます」。


And so begins the day I share with You as I will share eternity, for time has stepped aside today. 

  • share [ʃέər] : 「分かち合う、共有する」
  • eternity [itə́ːrnəti] : 「永遠、無限」
  • step aside : 「脇に寄る、脇へ退く」

❖ "And so begins ~ "「そして、永遠を分かち合うように、あなたと分かち合う今日が始まります」。神と分かち合う今日という一日は、永遠を分かち合うに等しいものです。"for time has ~ "「なぜなら、今日、時間は傍らに退いてしまうからです」。幻想に過ぎない時間は陰をひそめてしまいます。


I do not seek the things of time, and so I will not look upon them. 

  • seek [síːk] : 「探し求める、捜し出す」
  • look upon : 「〜を見る」

❖ "I do not ~ "「時間に関わるものを探したりしませんし、目も向けません」。


What I seek today transcends all laws of time and things perceived in time. 

  • transcend [trænsénd] : 「超える、〜を超越する」
  • law [lɔ́ː] : 「法、法律、法規、法令」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く」

❖ "What I seek ~ "「今日、私が探し求めるものは、時間の法則と時間の中で知覚されるものすべてを超越しています」。時間という幻想に束縛されたものをすべて超越し、実在する実相を探し求めます。


I would forget all things except Your Love. I would abide in You, and know no laws except Your law of love. 

  • forget [fərɡét] : 「〜を忘れる」
  • except [iksépt] : 「ただし、除いて」
  • abide [əbáid] : 「とどまる、居住する」

❖ "I would forget ~ "「あなたの愛以外のものはすべて忘れようと思います」。"I would ~ "「私はあなたの中にとどまり、あなたの愛の法以外は何も知ることはないでしょう」。神の愛の法、実相的真実以外のものは、すべて私が知りたいと思うものではありません。


And I would find the peace which You created for Your Son, forgetting all the foolish toys I made as I behold Your glory and my own.

  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
  • foolish [fúːliʃ] : 「愚かな、分別のない」
  • behold [bihóuld] : 「見守る、注視する」
  • glory [ɡlɔ́ːri] : 「栄光、荘厳、誇り」

❖ "And I would ~ "「そして、あなたの子のためにあなたが創造した平和を私は見つけたいと思います」。"forgetting all ~ "「あなたの栄光と私自身の栄光を見ながら、私がでっち上げた愚かなおもちゃのすべてを忘れてしまいます」。幻想に過ぎないこの世のすべてはおもちゃに過ぎません。そんなでっち上げのおもちゃをすべて忘れて、神と神の子の栄光を見つめていきます。


2. And when the evening comes today, we will remember nothing but the peace of God. 

  • evening [íːvniŋ] : 「晩」
  • remember [rimémbər] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」

❖ "And when ~ "「そして今日、夕暮れになる頃には、神の平和だけを思い出すだろう」。その他の夢は消え去っているに違いない。


For we will learn today what peace is ours, when we forget all things except God's Love.

  • learn [lə́ːrn] : 「学ぶ、知る、分かる」

❖ "For we will ~ "「なぜなら、私達が神の愛以外のすべてを忘れるとき、私達は平和が私達のものであることを学ぶのだから」。神の平和は、神の子が創造されたときに神から継承した宝物だ。



Lesson 347


Anger must come from judgment. Judgment is

The weapon I would use against myself,

To keep the miracle away from me.

  • anger [ǽŋɡər] : 「怒り、憤り」
  • judgment [dʒʌ́dʒmənt] : 「判断、判断力、分別」
  • weapon [wépn] : 「武器、兵器、凶器」
  • away from : 「〜から離れて」

❖ "Anger must ~ "「怒りは判断から必ず生まれる」。頭脳による理性的分別が判断を下し、それによって怒りが生み出される。"Judgment is ~ "「判断は、奇跡を私から遠ざけておくために自分自身に反して使おうとする武器だ」。本当の自分自身を理性的判断で打ち消し、自らの意志を殺すことで幻想から目覚める奇跡を遠ざけてしまう。


1. Father, I want what goes against my will, and do not want what is my will to have. Straighten my mind, my Father. 

  • go against : 「逆らう、従わない」
  • will [wíl] : 「意志、意欲」
  • straighten [stréitn] : 「〜をまっすぐにする、〜を整える」

❖ "Father, I ~ "「父なる神よ、私は私の意志に反することを望み、私の意志が持ちたいと願うことを望んではいません」。"Straighten my ~ "「私の父なる神よ、私の心を正してください」。"It is sick."「それは病気です」。


But You have offered freedom, and I choose to claim Your gift today. And so I give all judgment to the One You gave to me to judge for me. 

  • sick [sík] : 「病気の、病んだ」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • claim [kléim] : 「主張する、要求する」

❖ "But You have ~ "「でも、あなたは自由を差し出してくれたので、今日私は、あなたの贈り物を自分のものだと主張することを選びます」。"And so I give ~ "「だから、私はすべての判断を、私に代わって判断するためにあなたが私に遣わしてくれた人に委ねます」。実相的判断を私の代わりに下してくれるホーリー・スピリットにすべて委ねます。あなたが神の子のために遣わしてくれたホーリー・スピリットに私の判断をお願いします。


He sees what I behold, and yet He knows the truth. He looks on pain, and yet He understands it is not real, and in His understanding it is healed. 

  • behold [bihóuld] : 「見守る、注視する」
  • pain [péin] : 「痛み、苦痛」
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、分かる」
  • real [ríəl] : 「実在する、現実の」
  • heal [híːl] : 「癒やす、救う、治す」

❖ "He sees ~ "「その人は私が目にしたものを見ますが、真実を知っています」。ホーリー・スピリットは自分と同じものを目にしますが、見方は全く違います。"He looks on ~ "「ホーリー・スピリットは痛みに目を向けますが、それが現実でないことを理解していますし、ホーリー・スピリットがそう理解することで痛みはヒーリングされます」。ホーリー・スピリットは痛みが幻想に過ぎないことを知っていて、私達を苦と痛みの悪夢から目覚めさせてくれます。実相的なヒーリングです。


He gives the miracles my dreams would hide from my awareness. Let Him judge today. 

  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する」
  • awareness [əwéərnəs] : 「認識、自覚」
  • judge [dʒʌ́dʒ] : 「判断する」

❖ "He gives ~ "「ホーリー・スピリットは、私の夢が、認識することから隠している奇跡を私に与えてくれます」。幻想は真実を見抜く視力を奪い、黒雲の中に奇跡を隠してきました。その奇跡をホーリー・スピリットは与えてくれます。"Let Him ~ "「今日は、ホーリー・スピリットに判断を委ねましょう」。幻想で麻痺した理性的判断を放棄して、ホーリー・スピリットにすべての判断を委ねましょう。


I do not know my will, but He is sure it is Your Own. And He will speak for me, and call Your miracles to come to me.

  • sure [ʃúər] : 「確信して、固く信じて」
  • speak for : 「〜に代わって話す」

❖ "I do not ~ "「私は私の意志を知りませんが、ホーリー・スピリットはそれが神の意志だと確信しています」。自分の意志が神の意志でもあることを知らずにいましたが、ホーリー・スピリットはそれをちゃんと知っています。"And He will ~ "「そして、ホーリー・スピリットは私の代わりに話してくれて、神の奇跡が私の下(もと)にやって来るように呼びかけてくれます」。ホーリー・スピリットは神と神の子の間の媒介者なのですね。


2. Listen today. Be very still, and hear the gentle Voice for God assuring you that He has judged you as the Son He loves.

  • still [stíl] : 「静かな、穏やかな、じっとした」
  • gentle [dʒéntl] : 「優しい、寛大な、穏やかな」
  • assure [əʃúər] : 「保証する、請け合う、約束する」

❖ "Listen today."「今日は聞くだけにしなさい」。"Be very ~ "「じっと静かにたたずみ、神に代わって話す優しい声を聞きなさい」。"assuring you ~ "「その声は、あなたが神の愛する子であると判断したことをあなたに保証してくれる」。







Archive

Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

アクセスカウンター
Powered by Blogger.