A Course in Miracles - WorkBook

●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



W-pII.231.1:1 ~ W-pII.234.2:2

Lesson 231



Father, I will but to remember You.

❖ "Father, I ~ "「父なる神よ、私はあなただけを思い出そうと思います」。神の子のルーツは神をおいて他にない。それを思い出すことが再生への始まりだ。



1. What can I seek for, Father, but Your Love? Perhaps I think I seek for something else; a something I have called by many names. 
  • seek for : 「〜を探し求める」
  • perhaps [pərhǽps] : 「たぶん、もしかすると」
❖ "What can I ~ "「父なる神よ、あなたの愛以外に私は何を探すことが出来るでしょう」。"Perhaps I ~ "「たぶん私は、他の何かを探しているのだと思う」。ずっと、この世の物的な幸せを探そうとしていた。"a something I ~ "「それは、私が多くの名前を付けて呼んでいた何かだ」。たとえば、お金、地位、名声、成功、勝利、幸運、等々。



Yet is Your Love the only thing I seek, or ever sought. For there is nothing else that I could ever really want to find. 
  • sought [sɔ́ːt] : 「seek の過去・過去分詞形」
  • find [fáind] : 「発見する、見いだす」
❖ "Yet is Your ~ "「しかし、私が探しているもの、またずっと探してきたものはあなたの愛だけだ」。表面的なこの世の心は数々の物的な幸せを求めてきたが、心の奥底にある実相的な心は神の愛だけを探し続けてきた。"For there is ~ "「なぜなら、私が本当に探したいと思えるものは他にないからだ」。実相的な心は実相的に実在するものだけを探し求める。天の王国の幸せであり、喜びであり、神の愛、等々。



Let me remember You. What else could I desire but the truth about myself?
  • desire [dizáiər] : 「〜が欲しいと強く思う」
❖ "Let me ~ "「私があなたを思い出せるようにしてください」。"What else could ~ "「私自身に関する真実以外に、私はいったい何を望めるでしょうか」。自分が神の愛する神の子であるという真実以外に、何を知りたいと思うだろうか。



2. This is your will, my brother. And you share this will with me, and with the One as well Who is our Father. To remember Him is Heaven. This we seek. And only this is what it will be given us to find.
  • share [ʃέər] : 「分かち合う、共有する」
  • as well : 「同じに、おまけに、その上」
❖ "This is your ~ "「我が同胞よ、これがあなたの意志だ」。"And you share ~ "「そして、あなたはこの意志を私と分かち合い、同様に私達の唯一の父なる神と分かち合っている」。神の子の意志と神の意志は同一だ。"To remember ~ "「神を思い出すことは天の王国と同じことだ」。神を思い出すことが天の王国への回帰の第一歩となる。"This we ~ "「これをこそ、私達は探す」。天の王国を私達は目指す。"And only this ~ "「そしてこれだけが、探すようにと私達に与えられたものである」。実在する天の王国だけが、探し求めるべきものとして神の子に与えられた。




Lesson 232



Be in my mind, my Father, through the day.

❖ "Be in my ~ "「父なる神よ、一日中私の心の中にいてください」。



1. Be in my mind, my Father, when I wake, and shine on me throughout the day today. Let every minute be a time in which I dwell with You. 
  • shine [ʃáin] : 「輝く、光る」
  • throughout [θruːáut] : 「〜の間中、〜の初めから終わりまで」
  • minute [mínit] : 「分、わずかな時間、寸刻」
  • dwell [dwél] : 「ある、宿る、存在する」
❖ "Be in my ~ "「父なる神よ、私が目覚めた時、私の心の中にいてください」。"and shine on ~ "「そして、今日一日を通して、私に光を投げかけてください」。"Let every minute ~ "「一瞬一瞬を、私があなたと共に過ごす時間にしてください」。



And let me not forget my hourly thanksgiving that You have remained with me, and always will be there to hear my call to You and answer me. 
  • forget [fərɡét] : 「〜を忘れる、〜を思い出せない」
  • hourly [áuərli] : 「1時間ごとの」
  • thanksgiving [θæ̀ŋksɡíviŋ] : 「感謝の気持ち」
  • remain [riméin] : 「とどまる、残る、残存する」
  • answer [ǽnsər] : 「答える、返事する」
❖ "And let me ~ "「そして、あなたが私と共にいてくれることを一時間毎に感謝するのを忘れないようにさせてください」。"and always will ~ "「また、あなたへの呼びかけを聞き取り私に答えてくれるために、私の心の中にいつもいることに感謝するのを忘れないようにさせてください」。



As evening comes, let all my thoughts be still of You and of Your Love. And let me sleep sure of my safety, certain of Your care, and happily aware I am Your Son.
  • sure of [ʃúər] : 「〜に自信がある、〜を確信している」
  • safety [séifti] : 「安全、無事」
  • certain of [sə́ːrtn] : 「〜を確信している」
  • care [kέər] : 「世話、介護、監督、保護」
  • happily [hǽpili] : 「幸せに、喜んで、楽しく」
  • aware [əwέər] : 「気付いている、気が付いて」
❖ "As evening ~ "「夕方になっても、私の思いのすべてがあなたとあなたの愛で満たされているようにしてください」。"And let me ~ "「私は安全であると確信することが出来、あなたが私を見守っていることも確かであると思いながら、また、私があなたの子であることを幸せに思いながら眠りに就けるようにしてください」。



2. This is as every day should be. Today, practice the end of fear. Have faith in Him Who is your Father. 
  • practice [prǽktis] : 「練習する、実践する、実施する」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること」
  • have faith in : 「〜を信頼する、〜を信じている」
❖ "This is as ~ "「毎日がこうであるべきだ」。"Today, practice ~ "「今日、恐れを終わりにすることを実践しなさい」。恐れが、神の子を幻想世界に縛り付けておく。恐れはエゴのもつ強力な武器だ。"Have faith ~ "「あなたの父である神を信じなさい」。



Trust all things to Him. Let Him reveal all things to you, and be you undismayed because you are His Son.
  • trust [trʌ́st] : 「信用する、信頼する」
  • trust to : 「〜を頼りにする、〜に頼る」
  • reveal [rivíːl] : 「明らかにする、啓示する」
  • undismayed [ʌ̀ndisméid] : 「うろたえない、落胆していない」
❖ "Trust all things ~ "「神を信じてすべてを任せなさい」。"Let Him reveal ~ "「神にすべてを明らかにしてもらい、」たとえば、恐れは単なる幻想に過ぎないことを曝いてもらい、"and be you ~ "「あなたは神の子なのだから、うろたえることなどないようにしなさい」。エゴの策略に負けないようにしなさい。幻想を目にしてうろたえないように。




Lesson 233



I give my life to God to guide today.
  • guide [ɡáid] : 「〜を導く、案内する、〜を指導する」
❖ "I give my ~ "「今日、私は、神に導かれるために私の命を神に捧げる」。神のために命を犠牲にするという意味ではない。自分の命を神の命に同調させることだと思えばいい。



1. Father, I give You all my thoughts today. I would have none of mine. In place of them, give me Your Own. 
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考、思想」
  • mine [máin] : 「私のもの」
  • in place of : 「〜の代わりに、〜の代理で」
❖ "Father, I give ~ "「父なる神よ、私は今日、私の思いのすべてをあなたに捧げます」。神の思いや意志は、自分の思いや意志と同一だと認識する。"I would have ~ "「私は、私だけの思いを持ちたいなどと決して思わない」。エゴの思いは捨てる。"In place of ~ "「私だけの思いに代えて、あなた自身の思いを私に与えてください」。実相的に唯一の思いである神の思いを、神と分かち合いたいと思う。



I give You all my acts as well, that I may do Your Will instead of seeking goals which cannot be obtained, and wasting time in vain imaginings. 
  • act [ǽkt] : 「行為、活動、言動」
  • will [wíl] : 「意志、意欲、願望」
  • instead [instéd] of : 「〜の代わりに」
  • goal [ɡóul] : 「目標、目的、目指すもの」
  • obtain [əbtéin] : 「手に入れる、得る」
  • waste [wéist] : 「〜を無駄にする、浪費する」
  • vain [véin] : 「無駄な、無益な」
  • imaginings [imǽdʒəniŋz] : 「想像上の物」
❖ "I give You ~ "「私の行いのすべても、同様にあなたに捧げます」。"that I may ~ "「手に入れることが不可能な目標を追い求めたり、無益な空想に時間を浪費する代わりに、私はあなたの意志を実行できるでしょう」。この幻想世界で追い求めていた無益な目的を放棄する。幻想から目覚めて、神の意志を実行に移したい。



Today I come to You. I will step back and merely follow You. 
  • step back : 「一歩離れて見る、後ずさりする」
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
  • follow [fάlou] : 「〜の後について行く、〜に従う」
❖ "Today I ~ "「今日、私はあなたに至る」。"I will step ~ "「私は一歩引き下がって、あなたに単に従うことにしよう」。エゴに主導権を与えない。幻想の神を放棄して、実相の神に従う。しかし、服従するという意味合いではない。親と子のように、意志と行動を同調させる。



Be You the Guide, and I the follower who questions not the wisdom of the Infinite, nor Love whose tenderness I cannot comprehend, but which is yet Your perfect gift to me.
  • guide [ɡáid] : 「指導者、案内人」
  • follower [fάlouər] : 「信奉者、随行者」
  • question [kwéstʃən] : 「質問する、〜を疑問に思う」
  • wisdom [wízdəm] : 「知恵、英知」
  • infinite [ínfənət] : 「無限の、計り知れない」
  • tenderness [téndərnis] : 「優しさ」
  • comprehend [kὰmprihénd ] : 「理解する」
❖ ここは意訳して、"Be You ~ "「あなたが導き手になり、そして私が従う者になるようにしてください」。"who questions ~ "「そうすれば私は、無限なる人の叡智に疑問を呈することもなく、また、私には理解不能なほどの優しさをもつ人の愛に疑念を挟むこともなく、」"but which is ~ "「しかもその愛は、私への完璧な贈り物なのです」。



2. Today we have one Guide to lead us on. And as we walk together, we will give this day to Him with no reserve at all. 
  • lead [líːd] : 「〜を導く、案内する、連れて行く」
  • reserve [rizə́ːrv] : 「制限、条件、限定」
  • at all : 「全く〜ない、全然〜ない」
❖ "Today we have ~ "「今日私達は、私達を導いてくれる唯一のガイドをもつ」。神の子を導いてくれるのはホーリー・スピリットである。あるいはイエス自身だと思ってもいい。"And as we ~ "「そして共に歩きながら、私達は、まったく余すことなく今日という一日を神に捧げよう」。



This is His day. And so it is a day of countless gifts and mercies unto us.
  • countless [káuntlis] : 「数え切れないほどの、無数の」
  • mercy [mə́ːrsi] : 「慈悲、情け、恵み」
❖ "This is ~ "「今日は神の日だ」。"And so it ~ "「そして今日は、数え切れないほどの贈り物と恵みが私達に与えられる日でもある」。




Lesson 234



Father, today I am Your Son again.

❖ "Father, today ~ "「父なる神よ、今日私は再びあなたの子となります」。神の子としての自分を再確認する。



1. Today we will anticipate the time when dreams of sin and guilt are gone, and we have reached the holy peace we never left. 
  • anticipate [æntísəpèit] : 「〜を予測する、〜を期待して待つ」
  • sin [sín] : 「罪、罪悪、罪業」
  • guilt [ɡílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
  • left [léft] : 「leaveの過去・過去分詞形」
  • leave [líːv] : 「〜から離れる、〜と別れる」
❖ "Today we will ~ "「私達は今日、罪や過ちの夢が過ぎ去り、決して置き去りにしたのではない神聖な平和へ到達する時を期待しよう」。神から分離したという思い込みから始まった罪悪感は単に夢の中の出来事だったと知り、そんな悪夢から目覚めて、一時たりとも失ったことのない実相的な平和を再確認する。



Merely a tiny instant has elapsed between eternity and timelessness. So brief the interval there was no lapse in continuity, nor break in thoughts which are forever unified as one. 
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
  • tiny [táini] : 「とても小さい、ちっぽけな」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • elapse [ilǽps] : 「経過する、過ぎ去る」
  • between [bitwíːn] A and B: 「AとBとの間に」
  • eternity [itə́ːrnəti] : 「永遠、無限」
  • timelessness [táimlisnis] : 「時間が存在しないこと」
  • brief [bríːf] : 「短時間の、短い」
  • interval [íntərvəl] : 「隔たり、間隔、合間」
  • lapse [lǽps] : 「ささいな過ち、過失」
  • continuity [kὰntənjúːəti] : 「連続性、継続性」
  • break [bréik] : 「中止、中断、途切れ」
  • unify [júːnəfài] : 「〜を一つのまとまりにする、統一する」
❖ "Merely a tiny ~ "「ただほんの一瞬が、永遠と無時間の間で過ぎただけだ」。実相世界には時間は存在しない。したがって、厳密な意味で、実相には時間的な永遠性というものはない。時間の存在する幻想世界においてのみ、私達は実相世界の無時間性を永遠として感じているだけだ。幻想世界で感じる永遠性と実相世界の無時間性の狭間にあって、神の子の夢はほんの一瞬の出来事に過ぎない。"So brief the ~ "「その一瞬という時間間隔はあまりにも短いので、継続性が損なわれたことはなく、永遠に一つに統一された思いが中断されたこともない」。神の子は長々と夢を見ていて、この世の永遠性や実相の無時間性を損なってしまったというわけではない。夢は一瞬に過ぎない。その一瞬の夢の中にあって、神と神の子の思いもまた、途絶えることなく一つに統一されている。



Nothing has ever happened to disturb the peace of God the Father and the Son. This we accept as wholly true today.
  • disturb [distə́ːrb] : 「乱す、かき乱す」
  • accept [æksépt]: 「受け入れる、承認する」
  • wholly [hóulli] : 「完全に、全く、全面的に」
❖ "Nothing has ~ "「父なる神とその子の平和を乱すようなことは何も起きたことはない」。"This we accept ~ "「このことを私達は今日、完全に正しいのだと受け入れる」。



2. We thank You, Father, that we cannot lose the memory of You and of Your Love. 
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う」
❖ "We thank ~ "「父なる神よ、あなたとあなたの愛を私達は忘れなかったことをあなたに感謝します」。神と神の愛を忘れたかのように思っていたのは夢の中のこと。



We recognize our safety, and give thanks for all the gifts You have bestowed on us, for all the loving help we have received, for Your eternal patience, and the Word which You have given us that we are saved.
  • recognize [rékəɡnàiz] : 「〜を認識する、受け入れる」
  • safety [séifti] : 「安全、無事」
  • bestow [bistóu] : 「〜を授ける、与える、贈る」
  • receive [risíːv] : 「受け取る、知る」
  • eternal [itə́ːrnl] : 「永遠の、不変の」
  • patience [péiʃəns] : 「忍耐、我慢、辛抱強さ」
❖ "We recognize ~ "「私達は安全であることを受け入れ、あなたが私達に授けてくれた贈り物のすべてに感謝します」。夢の中にあっても、神が私達の安全を常に確保してくれたことに感謝する。"for all the ~ "「また、私達が受けた愛に満ちた手助けのすべてに、あなたの不変の忍耐に、そして、あなたが私達に与えてくれた、私達は救われるのだという言葉に、感謝します」。安全、平和、安らぎ、愛、慈しみ、その他あらゆる神からの贈り物に感謝する。






Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.