●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



Lesson 225



God is my Father, and His Son loves Him. 

❖ "God is my ~ "「神は私の父であり、神の子は神を愛す」。神は神の子である私を愛の延長上に創造した。



1. Father, I must return Your Love for me, for giving and receiving are the same, and You have given all Your Love to me. 
  • return [ritə́ːrn] : 「〜を返す、戻す、返却する」
  • receive [risíːv] : 「受け取る、聞く、知る」
❖ "Father, I must ~ "「父なる神よ、私に対するあなたの愛にお返ししなくてはなりません」。"for giving and ~ "「なぜなら、与えることと受け取ることは同じであり、あなたは愛のすべてを私に与えてくれたのですから」。



I must return it, for I want it mine in full awareness, blazing in my mind and keeping it within its kindly light, inviolate, beloved, with fear behind and only peace ahead. 
  • awareness [əwéərnəs] : 「気付いていること、意識性」
  • blaze [bléiz] : 「燃えさかる」
  • kindly [káindli] : 「親切な、思いやりのある、優しい」
  • inviolate [inváiələt] : 「神聖な、破られていない」
  • beloved [bilʌ́vd] : 「最愛の、いとしい、愛される」
  • behind [biháind] : 「〜の後ろに、後方に、〜の陰に」
  • ahead [əhéd] : 「前方に、前途に」
❖ "I must return ~ "「私はそれをお返ししなくてはなりません」。神が与えてくれた愛に対して、私も愛で答えたい。"for I want ~ "「なぜなら、神の愛を自分のものとして十分に意識したいからです」。神と神の子の間の愛に、自分自身も意識的に参加して、愛を神と分かち合い、拡張増大させたい。"blazing in my ~ "「愛は私の心の中で燃えさかり、それは優しい光の中に保たれる」。"inviolate, beloved ~ "「神聖なままで、いとおしく、恐れは退き、平和だけが目の前にある」。



How still the way Your loving Son is led along to You! 
  • led [léd] : 「leadの過去・過去分詞形」
  • lead [líːd] : 「〜を導く、案内する、連れて行く」
  • along [əlɔ́ːŋ] : 「〜に沿って、〜に従って」
❖ "How still the ~ "「あなたの愛する子は、なんと穏やかな道を辿ってあなたの下(もと)へ導かれるのでしょう」。旅の道連れはホーリー・スピリット(イエス)である。



2. Brother, we find that stillness now. The way is open. Now we follow it in peace together. 
  • stillness [stílnis] : 「静けさ、静止、沈黙」
  • follow [fάlou] : 「たどる、〜の方へ進む 」
❖ "Brother, we ~ "「兄弟よ、今こそ私達はその静けさを見つける」。幻想世界の喧噪を離れ、実相世界へ向かう旅路の静寂を見出す。"The way ~ "「道は開かれている」。実相世界への道は誰も排除しない。"Now we ~ "「私達は一緒に、平和に満たされてその道を辿る」。



You have reached your hand to me, and I will never leave you. 
  • reach [ríːtʃ] : 「〜に手を差し出す、差し伸べる」
  • leave [líːv] : 「〜を残す、置きっぱなしにする」
❖ "You have ~ "「あなたは私に手を差し伸べた」。"and I will ~ "「そして私は決してあなたを置き去りにしない」。救いを求めて手を差し伸べた同胞を、私は決して置き去りにしない。



We are one, and it is but this oneness that we seek, as we accomplish these few final steps which end a journey that was not begun. 
  • oneness [wʌ́nnis] : 「単一性、同一性」
  • accomplish [əkɑ́mpliʃ] : 「成し遂げる、果たす」
  • final [fáinl] : 「最後の、最終の」
  • journey [dʒə́ːrni] : 「旅、旅行、遍歴」
  • begun [biɡʌ́n] : 「beginの過去分詞形」
❖ "We are one ~ "「私達は一つであり、私達の求めているものはこの単一性をおいて他にない」。神の子は一つであり、分離分裂した同胞達は本来は単一だ。自他一如である。その真実を私達は求めて来た。"as we accomplish ~ "「私達は、始まりなどなかった旅を終える最後のスッテプのいくつかを成し遂げようとしている」。神からの分離は夢の中の出来事であって、神への回帰の旅も、本当は始まりなどない。しかし、私達は夢の中で始めた回帰の旅を今完了しようとしている。静けさの中、喜びに包まれながら同胞と共に旅の最後のスッテプを踏もう。




Lesson 226



My home awaits me. I will hasten there. 
  • await [əwéit] : 「〜を待つ、待ち受ける」
  • hasten [héisn] : 「急ぐ、急いで行く」
❖ "My home ~ "「故郷が私を待っている」。天の王国は私の帰還を待っている。"I will hasten ~ "「急いでそこへ戻ろう」。



1. If I so choose, I can depart this world entirely. It is not death which makes this possible, but it is change of mind about the purpose of the world. 
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • depart [dipɑ́ːrt] : 「〜を旅立つ、別れを告げる」
  • entirely [entáiərli] : 「全く、完全に、全体に」
  • death [déθ] : 「死、死亡」
  • possible [pάsəbl] : 「あり得る、なし得る」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、目標」
❖ "If I so ~ "「もし私がそう選択したなら、私はこの世界から完全に別れることが出来る」。夢から目覚め、幻想世界を消滅させることが出来る。"It is not ~ "「これを可能にするのは死ではなく、」肉体的な死もまた夢に過ぎない。"but it is ~ "「世界の目的に対する心を変えることだ」。この世界にはしがみつく価値があると思って現世的な目的に引きつけられてきた心を変えること。そうすることでこの幻想世界から別れることが出来る。



If I believe it has a value as I see it now, so will it still remain for me. 
  • value [vǽljuː] : 「価値、値打ち」
  • remain [riméin] : 「とどまる、残る」
❖ "If I believe ~ "「今私が世界を見るとき、もしこの世界が価値を持っていると信じるなら、この世界は私のためにそのまま残る」。夢を見続けることになり、幻想世界から抜け出すことはない。なお、"for me (私のために)"とは、私の現世的な価値感に沿って、という意味合いだろう。



But if I see no value in the world as I behold it, nothing that I want to keep as mine or search for as a goal, it will depart from me. 
  • behold [bihóuld] : 「見守る、注視する」
  • mine [máin] : 「私のもの」
  • search [sə́ːrtʃ] : 「探す、探し出す」
  • goal [ɡóul] : 「目標、目的」
❖ "But if I ~ "「しかしもし、この世界をよく見て、世界の中に価値が見出せないなら、つまり、私のものとして保持したと思うものが何もなく、目的として求めるものも何もないなら、世界は私から去って行く」。



For I have not sought for illusions to replace the truth. 
  • sought [sɔ́ːt] : 「seek の過去・過去分詞形」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • replace [ripléis] : 「〜を交換する、置き換える」
❖ "For I have ~ "「なぜなら私は、真実と置き換えるために幻想を求めては来なかったからだ」。求めるのは実相であって、代用品の幻想ではない。



2. Father, my home awaits my glad return. Your Arms are open and I hear Your Voice. 
  • glad [ɡlǽd] : 「満足して、喜ばしい」
  • return [ritə́ːrn] : 「回帰、帰還、帰ること」
❖ "Father, my ~ "「父なる神よ、私の故郷は私が喜んで帰還することを待っています」。"Your Arms ~ "「あなたの腕は開かれ、私にはあなたの声が聞こえます」。



What need have I to linger in a place of vain desires and of shattered dreams, when Heaven can so easily be mine? 
  • linger [líŋɡər] : 「長居する、居残る、残存する」
  • vain [véin] : 「無価値な、空虚な、はかない」
  • desire [dizáiər] : 「熱望、切望、欲望」
  • shatter [ʃǽtər] : 「〜を打ち砕く、粉々に割る」
  • easily [íːzili] : 「安易に、簡単に」
❖ "What need ~ "「天の王国が容易に私のものとなるとき、むなしい欲望や粉々にされた夢だらけの場所に止(とど)まる必要があるだろうか」。幻想のこの世界に止まる必要などない。






Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.