●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



W-pI.213.1:1 ~ W-pI.216.1:7

Lesson 213



Review of Lesson 193


I am not a body. I am free.
For I am still as God created me.

❖ "I am not ~ "「私は肉体ではない」。肉体は幻想であって、私は幻想の存在ではない。"I am ~ "「私は自由だ」。私は幻想から解放され、肉体からも自由だ。"For I am still ~ "「なぜなら、私は神が私を創造したままの姿だからだ」。



1. All things are lessons God would have me learn.
  • have [həv] : 「〜に〜させる」
❖ "All things are ~ "「あらゆる出来事は、神が私に学んでほしいと思っているレッスンだ」。幻想に過ぎない時間が学びのための補助装置であるように、時間軸にそって起こる出来事もまた、神の子の学びのためにある。実在と非実在、真実と虚偽を見極める学びである。神は、神の子が非実在の虚偽から目覚めることを切に願っている。



A lesson is a miracle which God offers to me, in place of thoughts I made that hurt me. What I learn of Him becomes the way I am set free. And so I choose to learn His lessons and forget my own.

I am not a body. I am free. 
For I am still as God created me.
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、〜を提供する」
  • in place of : 「〜の代わりに」
  • hurt [hə́ːrt] : 「〜を傷つける」
  • learn [lə́ːrn] : 「学ぶ、知る、分かる」
  • be set free : 「自由の身となる」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • forget [fərɡét] : 「〜を忘れる」
❖ "A lesson is ~ "「私が作り出した考え方は私を傷つけるものだが、それに代えて、レッスンは神が私に与えてくれる奇跡だ」。エゴの思考システムを捨てて、神が与えてくれるホーリー・スピリットの思考システムをとる。それは、奇跡へとつながる思考だ。"What I learn ~ "「私が神から学ぶことは、私が自由の身となるための方法になる」。"And so I ~ "「そこで私は、神のレッスンを学ぶことを選択し、私自身が作ったものは忘れてしまおう」。"I am not ~ "「私は肉体ではない」。"I am ~ "「私は自由だ」。"For I am still ~ "「なぜなら、私は神が私を創造したままの姿だからだ」。




Lesson 214



Review of Lesson 194


I am not a body. I am free. 
For I am still as God created me. 

❖ "I am not ~ "「私は肉体ではない」。肉体は幻想であって、私は幻想の存在ではない。"I am ~ "「私は自由だ」。私は幻想から解放され、肉体からも自由だ。"For I am still ~ "「なぜなら、私は神が私を創造したままの姿だからだ」。



1. I place the future in the Hands of God.
  • place [pléis] : 「〜を置く、設置する」
  • future [fjúːtʃər] : 「未来、将来、今後」
❖ "I place the ~ "「私は、未来を神の手に委ねる」。幻想に過ぎない時間の中でジタバタすることなく、未来はホーリー・スピリットの導きに委ねる。



The past is gone; the future is not yet. Now am I freed from both. For what God gives can only be for good. And I accept but what He gives as what belongs to me.

I am not a body. I am free. 
For I am still as God created me.
  • past [pǽst] : 「過去、昔、過去のこと」
  • be freed from : 「〜から解放されている」
  • accept [æksépt]: 「受け入れる、承認する」
  • belong [bilɔ́ːŋ] to : 「〜に属する、〜の所有である」
❖ "The past is ~ "「過去は過ぎ去り、未来はまだやって来ない」。"Now am I ~ "「今や私は、その両者から解放されている」。"For what God ~ "「なぜなら、神は良きものだけしか与え得ないからだ」。神が与えてくれるものはすべて真実であり、良いことだけだ。だから、未来を神の手に委ねることは最善である。"And I accept ~ "「そして私は、私に属するものとして神が与えてくれるものだけを受け入れる」。神から継承した神の属性だけを、神からの贈り物として受け入れる。"I am not ~ "「私は肉体ではない」。"I am ~ "「私は自由だ」。"For I am still ~ "「なぜなら、私は神が私を創造したままの姿だからだ」。




Lesson 215



Review of Lesson 195


I am not a body. I am free. 
For I am still as God created me. 

❖ "I am not ~ "「私は肉体ではない」。肉体は幻想であって、私は幻想の存在ではない。"I am ~ "「私は自由だ」。私は幻想から解放され、肉体からも自由だ。"For I am still ~ "「なぜなら、私は神が私を創造したままの姿だからだ」。



1. Love is the way I walk in gratitude.
  • gratitude [ɡrǽtətjùːd] : 「感謝、感謝の気持ち」
❖ "Love is the ~ "「愛は、私が感謝の気持ちを抱きながら歩む道である」。神やホーリー・スピリットに感謝しつつ、実相的な愛の道を歩む。



The Holy Spirit is my only Guide. He walks with me in love. And I give thanks to Him for showing me the way to go.

I am not a body. I am free. 
For I am still as God created me.
  • guide [ɡáid] : 「指導者、案内人、指針」
  • give thanks to : 「〜に礼を述べる、〜感謝をささげる」
❖ "The Holy Spirit ~ "「ホーリー・スピリットは、私の唯一のガイドだ」。"He walks with ~ "「ホーリー・スピリットは私と共に、愛の中を歩む」。ホーリー・スピリットは、純粋な愛の道を歩む自分に同伴してくれる。"And I give ~ "「そして私は、行くべき道を私に示してくれるホーリー・スピリットに感謝する」。"I am not ~ "「私は肉体ではない」。"I am ~ "「私は自由だ」。"For I am still ~ "「なぜなら、私は神が私を創造したままの姿だからだ」。




Lesson 216



Review of Lesson 196


I am not a body. I am free. 
For I am still as God created me. 

❖ "I am not ~ "「私は肉体ではない」。肉体は幻想であって、私は幻想の存在ではない。"I am ~ "「私は自由だ」。私は幻想から解放され、肉体からも自由だ。"For I am still ~ "「なぜなら、私は神が私を創造したままの姿だからだ」。



1. It can be but myself I crucify.
  • crucify [krúːsəfài] : 「〜を十字架に張り付けにする」
❖ "It can be ~ "「私が磔刑に処せるのは私自身だけだ」。自他一如である。他者を憎み、他者を攻撃することは、自らを十字架に架けることに等しい。



All that I do I do unto myself. If I attack, I suffer. But if I forgive, salvation will be given me.

I am not a body. I am free. 
For I am still as God created me.
  • unto oneself : 「自分自身に、自分だけに」
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する」
  • suffer [sʌ́fər] : 「苦しむ、苦痛を感じる」
  • forgive [fərɡív] : 「許す、容赦する」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救済、救い」
❖ "All that I ~ "「私がすることはすべて、私自身にしていることになる」。"If I attack ~ "「もし私が攻撃するなら、私が苦しむことになる」。他者を攻撃しているつもりが、自分自身を攻撃していることになる。"But if I ~ "「しかし、もし私が赦すなら、救いは私に与えられるだろう」。他者を、幻想の中で分離した自分自身だと見抜いて、その幻想性を赦す。赦された幻想は消滅し、私は幻想の呪縛から救われる。"I am not ~ "「私は肉体ではない」。"I am ~ "「私は自由だ」。"For I am still ~ "「なぜなら、私は神が私を創造したままの姿だからだ」。






Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.